ここから本文です

AIはヒトより優しくなれる。国内初開催の「AI・人工知能EXPO」で奏でられた“聖者の足音”

7/8(土) 12:10配信

WIRED.jp

2017年6月末、日本初の人工知能に特化した展示会「AI・人工知能EXPO」が東京都内で開かれた。そこにはディープラーニングや自然言語処理など、さまざまな人工知能関連技術でビジネスを展開する企業が数多く出展。そのなかから、人間への「優しさ」をキーワードに3つのプロダクトを取り上げる。

『そろそろ、人工知能の真実を話そう』AI時代に「哲学」は何を果たせるか?

ここ数年、国内で開催されるシンポジウムやエキシビションに足繁く通っていると、今年は「商用AI元年」と呼ぶにふさわしいことが実感できる。人工知能(AI)の基礎研究よりも、応用事例がひときわ目立つようになったからだ。そんななか、慈愛に満ちた切り口で期待を集める3社を紹介したい。

アジラのAIは「人手不足」の救世主となるか

たとえば病院で療養中の誰かが、夜中にベッドで体を起こしたとしよう。それが排尿を目的とする起床か、それとも落下事故につながる危険な状態か──。それを判断すべき立場にある看護士や介護福祉士は、慢性的な人手不足にある。都市部・農村部に限らず、状況が好転する気配はまったくないといっていい。

アジラの行動認識APIは、監視カメラで撮影した人間の姿をAIが分析する。その内容を評価し、たとえば「転倒しそうだ」といったアラートを出す。つまり、24時間の「みまもりサービス」を可能にする。 

「AIが人間の仕事を奪うといった意見もありますが、むしろ『ヒトの目の代わりになる』といった効率的なツールとしての活用を期待してほしいのです」と、アジラのCTOである相澤純一は語る。

この技術は人間がなし得ない「不眠不休で働く」というAIの長所を最大限に生かしている。普及すれば「老老介護の果てに起きた悲劇的な事件」といった暗い話題を耳にすることも減るに違いない。言うなれば、優しいAI──ヒトに“福音”をもたらすAIだ。

「離職」と闘う人工知能KIBIT

ところで、命にかかわる病気や怪我にいたらずとも、わたしたちの日常はストレスに満ちている。仕事から逃げ出したいと思ったことは、誰にだってあるものだ。一方、経営者側にすれば、人手不足のご時世で離職は手痛い。不穏な気配があろうものなら、配置換えや待遇改善といった手立てを講じたい。

FRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT」は、膨大なテキストデータからある種の兆候を発見するのが得意だ。たとえば「不正を企てようとする電子メール」や「自殺につながりかねない言動」…。最近では、医療事務を手掛ける企業の面談記録の解析に取り組んでいる。テーマは「離職率の低減」だ。

「年間5,000人にもおよぶ新入社員の面談記録から、不安や不満を抱える人を早期発見する。KIBITを活用すれば退職につながりやすい順に数値化できるので、フォローを効率良く行えます」と、FRONTEOコーポレートコミュニケーション部の池内敦司は説明する。

人間の「機微」をくみとるAI、それがKIBITという名の由来。そのアルゴリズムは、企業の人事担当者が舌を巻くような驚くべき結論を導くことも少なくない。最近ではKIBITの判断に影響を受け、人間側がレヴェルアップする事例も生まれているという。「AIと人間が切磋琢磨する、という相乗効果も期待できます」と池内は語る。

ストレスに耐え、我慢の果てに体が悲鳴をあげて病欠。あげく離職するという「ストイックな資質」をもつ社員を手放さない努力は、いまどきの成長企業にとって必要条件だろう。一方、どんな業界でも真面目なヤツほど泣き言をこらえるもの。企業の人事担当者には、面談において「行間を読む」練度の高い技が求められる。それはそのまま「優しさ」と読み替えてもいい。そしてAIは数千、あるいは数万人分もの面談記録を、不眠不休で解析し続けてくれる。

ちなみにKIBITは愛らしいロボットKibiroにも搭載が可能。一家に一台という時代が来れば、家庭内の不協和音をくみ取って、プライベートの充実にも貢献する可能性をもっている。

1/2ページ

最終更新:7/8(土) 12:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc