ここから本文です

レスター移籍のセビージャ主将MFが涙の退団会見 古巣に愛情「サポーターとして死ぬだろう」

7/8(土) 16:40配信

Football ZONE web

29歳の守備的MFイボーラはレスターと4年契約、移籍金18億円

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、セビージャからMFビセンテ・イボーラを獲得し、4年契約を結んだと発表した。スペイン屈指の強豪でキャプテンを務めていたイボーラは退団の記者会見で涙を見せ、「私はセビージャのサポーターとして死ぬだろう」と古巣への深い愛情を示している。スペイン地元紙「AS」が報じた。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 強豪の精神的支柱は万感の思いで4年間過ごしたチームを去ることになった。29歳の守備的MFはレスターと4年契約にサインした。移籍金は1200万ポンド(約18億円)と報じられている。

「僕は我が家、家族、友人と呼べる人たちに別れを告げることになった。今日私は感謝を述べるために来たんだ」

 記者会見でイボーラは時折言葉を詰まらせ、鼻をすすり、目に涙を浮かべた。UEFAヨーロッパリーグ3連覇に貢献した男は快くプレミアリーグへの移籍を送り出してくれたサポーターへの気持ちを真剣に伝えた。

「特にファンのみんなには感謝したい。みんながもたらしてくれる喜びを誇りに思っていた。一緒に最も苦しい戦いを乗り切ってきたことは誇りだった。だから特別なんだ。忘れられない瞬間がたくさんある。僕はこのユニフォームとクラブの紋章を守るために全てを尽くしてきた。それでも、移籍に関しては少し心苦しさを感じている。僕はセビージャのチームカラーを守ることができたことを特権だと思っている。僕はセビジスタとして生まれてこなかったが、セビージャサポーターとして死ぬことになるだろう」

 イボーラは溢れる思いを言葉として紡いだ。本拠地サンチェス・ピスファンに魂を捧げたまま、新天地レスターへと向かう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/8(土) 16:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新