ここから本文です

ビーチやカラフルな建築が美しい! メキシコ&キューバ旅 [FRaU]

7/8(土) 20:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

フラウトラベラーたちが、気の向くままに足向くままに。今回は、TORI.さん達4人がハバナ&カンクンへ。

今回のフラウトラベラーは……
ヘア&メイクアップアーティスト TORI.さん
モデル/DJ エリーローズさん
スタイリスト 松居瑠里さん
ヘア&メイクアップアーティスト 足立真利子さん

普段の生活にはない刺激を求めて

いつもの旅のメンバーで、キューバとメキシコを巡る旅へ。ファッションにアート、音楽と好きなものを共有でき、互いに影響しあえる友人同士。さらにフリーランスで予定を合わせやすく、全員が飲めるというのも、一緒に旅を楽しめる大きな理由かもしれない。

今回キューバを選んだのは、ここ数年の情勢の変化でいろいろなものが変わってしまい、きっと旧市街の美しい街並みは今しか見られないと思ったから。米・ダラス、メキシコシティーと経由して首都ハバナへ。

郷愁溢れる街ではいつもどこかしらで音楽が鳴っていて、どんなに小さなお店でも必ずバンドの生演奏が聴ける。モヒートも美味しくて、もう少し時間があればクラブにも行きたかった。街の人が写真を撮られることに寛容なのは、SNSをやらないせいだろうか。政治色が強いからこそ、その国の歴史や文化を街のいたるところで垣間見ることができる。

ハバナを出た後は一旦メキシコシティーに戻り、そこからカンクンへ移動。さらに乗り換えて、トゥルムというビーチリゾートへ。

ハバナを出た後は一旦メキシコシティーに戻り、そこからカンクンへ移動。さらに乗り換えて、トゥルムというビーチリゾートへ。

こうして街から街へ、3、4日の間隔で次の目的地へ移動する感じもなんだか楽しい。レンタカーを借り、ユカタン半島の反対側にあるピンクレイクへ。鮮やかなピンク色の湖面でフラミンゴが羽を休める、現実と思えないような景色は、一日かけてわざわざ足を運んだ甲斐があった。

メキシコではAirbnbも利用した。チェックインや掃除の時間を気にしなくていい気楽さは私たちに合っていたし、アート関係の仕事をしているというホストからはいろいろな情報を教えてもらえた。

女4人でメキシコ、しかもこの時期に。みんなに驚かれたけれど、怖いことなんて一度もなし。もちろん治安のいい場所を選んでいたのはあるけれど、人びとはとても親切で、ちょっとしたトラブルの時もみんなが助けてくれた。『百聞は一見に如かず』を、身をもって体験した気がする。

帰国後もすぐにみんなで集まり、写真を見ながら旅を振り返る。現地で出会った音楽をかけ、その国の料理とお酒を用意して旅の雰囲気を再現するのがお約束だ。寒い時期には暖かい場所へ逃げようとするのもだんだんお決まりになってきた。さあ、次の行き先はどこにしようか。

●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。