ここから本文です

〈目の病気体験記〉江本孟紀「加齢黄斑変性で眼球に注射を打つときは恐怖」

7/8(土) 14:00配信

週刊女性PRIME

 江本孟紀が目の異常に気づいたのは’10年12月、63歳のときだった。

「ある日、ふと左目だけで辺りを見ると、真ん中にボヤッとした部分があったんです。壁のまっすぐな線がゆがんで見えた。おかしいと思って病院で検査を受けたら、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)と言われました」

 その名のとおり、加齢により黄斑部(網膜の中心部分)に異常が現れて、ものが見えにくくなる病気。病状が進行すると視力が低下し、失明に至ることもある怖い病気だ。

「痛くもかゆくもないし、片方が多少見えにくくなっても両目で見ているから気づかない。僕の場合、まだ不自由のない状態だったけれど、とはいえ治る病気ではないので、これ以上悪くならないように、食い止めるための治療をすることになりました」と当事を振り返る。

 受けた治療は、目の硝子体に注射で薬剤を投与するもの。眼球に注射を打つなんて、想像するだけで身がすくむ! 

「恐怖だよね(笑)。歯科医院と同じような診察台に寝かされて、消毒をして、点眼麻酔をして、まぶたを固定するんです。このあたりから視界がぼやけて、麻酔用の注射と薬剤の注射を白目のところに打つんですけど当然、自分では見えません。痛みはなく、ただ針が入ったときにズーンときて、薬が目の中にタラッとまわる感覚がある。診察台にいる時間はわずか5分ぐらいだけれど、身構えて、全身に力が入ってしまって肩がこるんですよ」

 と苦笑い。さすがに回数を重ねると緊張しなくなったようだが、元スポーツ選手の屈強な精神力でも目の治療はドキドキするのだ。

 異変に気づいてから約6年半がたつが、1~2か月に1度、病院で検査を受け、状態を見ながらこうした治療を続けてきた。ただ、症状に進行が見られないため、現在は経過観察のための検査になっている。早期に気づいて治療を始めたのが幸いして、現在も左目は少しゆがんで見えるが生活に支障はない。

 一方で、加齢黄斑変性症を患ってからは、目にダメージを与える紫外線の予防のために極力、サングラスをかけるようにしている。

「愛用しているのは、紫外線を90%カットするレンズで、ふだんかけているメガネの上からつけられるクリップ式のもの」

 食生活では、目によいといわれる野菜などを多く食べるように心がけているそう。ちなみに酒の飲みすぎとタバコも避けるべき習慣だが、意外にも(!? )どちらも口にしないそうだ。

「加齢黄斑変性は年齢とともに出てくる目の生活習慣病みたいなもの。定期的に病院に通うのは面倒だけど、なってしまったらしかたがない。とにかく早く症状の進行を食い止めることが重要なので、自分で目の見え方を気にかけて、積極的に病院に行くべきです」

 治療費も気になるところ。江本が受けた注射による薬剤の投与は、1回につき保険適用で1割負担の場合が1万5000円以上で、3割負担となれば5万円をゆうに超える。

「白内障や緑内障と比べて、黄斑変性はまだ薬の種類が少ないから高額です。僕の場合はまだ働いているから何とかなりましたけど、お年寄りに多い病気ですから、片方の目がゆがんで見えるからといって、これだけの費用を出して治療を受けられる人ばかりではないでしょう。それでゆくゆくは失明して、生活そのものがもっと大変になってしまうケースもある。厚労省には高額治療費の補助などの社会的な対策を考えてほしいですね」

<プロフィール>
えもと・たけのり/1947年、高知県生まれ。東映フライヤーズ、南海ホークス、阪神タイガースでピッチャーとして活躍。現在はテレビ、ラジオ、新聞などでプロ野球解説を担うほか、野球界の底辺を広げる多彩な活動に邁進。'92年に参議院議員に初当選し、2004年まで政治家として活動も。

最終更新:7/8(土) 14:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月31日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ