ここから本文です

【J1展望】浦和×新潟|好調な端山豪が切り札。浦和守備陣の苦手なタイプ?

7/8(土) 11:00配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――李が負傷、遠藤が出場停止。那須が先発するが、あとは変わらず?

J1リーグ18節
浦和レッズ - アルビレックス新潟
7月9日(日)/18:30/埼玉スタジアム2〇〇2

浦和レッズ
今季成績(17節終了時):勝点26 8勝2分7敗 41得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●遠藤の出場停止で那須がリベロで先発へ
●R・シルバは「ブラジルでは当たり前」とサポーターの批判を受け止め、古巣との一戦に気持ちを高める
●梅崎がベンチ入りか。途中出場組が流れを変えたい

【担当記者の視点】
 4バックはあくまで川崎対策であり、しかも失敗したため、今回は3バックに戻すだろう。出場停止の遠藤に代わり那須のリベロ起用が濃厚で、「こういう時こそ、誰かのために一歩を出す。それがまとまりを生む」と語る。

 川崎戦後はサポーターの抗議で選手バスが約1時間足止めされたが、R・シルバは「彼らには主張する権利がある。ブラジルでは当たり前のこと。それに応えるのは勝利しかない。最後まで戦う」と意気込む。古巣との対決でもあり、復活のゴールが期待される。失点の続く守備陣は素早いチェックで、勢いを食い止めたい。

 最近5試合1勝4敗。しかも失点が止まらず、完敗が目立つ。そんな停滞感が漂うなか、「原点に立ち戻り、途中から出た選手が決めて雰囲気を変えるのも必要」と梅崎。ベンチスタートとなりそうだが、心を燃やしている。 

新潟――非常事態をチャンスにできるか? クラブワーストの更新は避けたい。

J1リーグ18節
浦和レッズ - アルビレックス新潟
7月9日(日)/18:30/埼玉スタジアム2〇〇2
 
アルビレックス新潟
今季成績(17節終了時):勝点8 2勝2分13敗 11得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●前節、磐田に敗れてクラブワーストとなる5連敗。
●トレーニングでMF端山がアピール。
●負傷離脱していた大谷、河田がトレーニングに合流。
 
【担当記者の視点】
 前節、磐田に敗れて5連敗。これはクラブワーストで、最下位でシーズンを折り返した。磐田戦では、筋肉系のトラブルに見舞われたDF富澤に代わり、先発したDF西村のクリアミスが引き金となって先制されると、今季苦手とするセットプレーの流れから追加点を奪われ2失点。シュートも1本に終わり、攻守に課題が山積する。
 
 浦和戦に向けたトレーニングでは、チアゴ・ガリャルドが体調不良で早退、1日休んだ。代わってトップ下に入ったのがプロ2年目の端山。配球力と背後への運動量に加え、T・ガリャルドに欠けている守備意識の高さでアピールした。
 
 足首を手術した大谷、河田が今週のトレーニングから合流。苦しむチーム内の競争を活気づけている。
 

最終更新:7/9(日) 17:47
SOCCER DIGEST Web