ここから本文です

「辞めろ」コールにブチ切れる安倍首相に、自民党議員も困惑

7/8(土) 8:50配信

HARBOR BUSINESS Online

 東京都議選最終日、安倍首相の応援演説に際して「安倍辞めろ」コールが観衆から沸き起こり、これに対して首相が群衆を指差しつつ「こんな人たちにみなさん、私たちは負けるわけにはいかない!」と感情もあらわに絶叫。この「事件」に関して、メディアやネットでは賛否両論が渦巻いている。

◆ 候補者・弁士にとってはヤジも嬉しい!?

 この議論に、候補者もしくは弁士(演説をする人)の目線がないことは、街頭演説経験者ならすぐに気づくだろう。実は、自民党を含めて多くの政治家は「無反応よりもヤジがあったほうが嬉しい」と口を揃える。「ヤジに対応することで自分が鍛えられる」というのだ。

 街頭でのヤジは、政治家を成長させる肥やしのようなものだ。うまく立ち回れば、支持者や票数の増加にもつながる。もちろんそれに失敗すれば、票数は減る。安倍首相が今回応援に入った千代田区の自民党候補は、都民ファースト候補にダブルスコアで負けた。その結果が如実に物語っている。

 街頭でのリアクションで、候補者や弁士は「一般市民の手応え」を探る。ノーリアクションだと、票の積み上げ計算もままならないのだ。「ヤジでも(反応自体が)嬉しい」と誰もが言う背景には、一票一票を積み上げる選挙の鉄則がある。

 2004年の参院選に立候補した筆者自身、街頭演説でヤジを受けた経験がある。そんな時にはここぞとばかりに演説を中断し、ヤジを飛ばした聴衆と掛け合いをしたものだった。そこにはシナリオも馴れ合いもない。本気度と実力が試される、ガチの勝負だ。そこで多くの聴衆に鍛えられてこそいい候補者になれるというのは、立候補経験のある人なら誰もが共有している法則だろう。

◆街頭は候補者・弁士にとって器量と機転が試される場

 有名な例を挙げてみよう。

 菅直人元首相は2012年に衆院解散が決まった直後、有楽町で街頭演説を行った。そこで、今回の安倍首相同様「帰れ」コールばかりか、「売国奴!」「テロリスト!」という過激なヤジを受けている。

 菅元首相は「みなさん、今いろいろと声(ヤジ)を出されているみなさんも含めて、私も含めて、あの東電福島原発で生み出された電気を使ってきたわけであります」と切り出し、当時の最大の政策課題であった原発政策についてとうとうと語った。

「政界瞬間湯沸かし器」「イラ菅」という異名を取る、短気で有名な菅元首相ですら激しいヤジにもブチ切れなかった。それは街頭での振る舞いこそが政治家としての最低限の器量を示すものだからだ。

 ヤジに対する秀逸な切り返しで名を挙げたのは、山本太郎参院議員だろう。2015年、新宿アルタ前での「街頭記者会見」で、聴衆から飛んできた「議員なんか辞めろ!」というヤジに対して、動じることなく一瞬の機転で「ありがとうございます!そんなあなたのことも守りたい!」と返したのだ。役者出身だけあって、街頭演説の評価は高い。

 このように、弁士の器量と機転が試される場こそ、街頭演説なのである。

◆自ら首をしめてしまった首相と官房長官

 新米政治家が観衆からのヤジに感情的なリアクションをしてしまうと、たいていは先輩議員から叱られる。「そういう人ほど大事にしろ」と言われるだろう。ましてや政治家のトップである首相が観衆のヤジにブチ切れるなど、あってはならないことである。

 菅官房長官は7月3日の会見で、首相の発言は「極めて常識的だ」と断言した。7月5日には、「自民党はこういうこと(ヤジ)はしないという趣旨だったと思う」と“解説”してみせた。が、上記の菅元首相へのヤジグループに自民党支持者が入っていなかったと断言できる証拠はない。それは重々承知のことだろう。

 菅氏自身も地方議員からの叩き上げで、選挙の厳しさをよく知っているはずである。あの発言を「常識的」だと本気で思っているとは考えにくい。首相をかばってのことだろうが、そのかばい方に仰天したのは野党の政治家だけではない。ある自民党議員は、こう頭をかかえる。

「安倍さんはこれまでも深く考えずに発言してしまうことが多くて、現場は本当に困惑しています。批判にどう対応するかが政治家の力量の見せどころなのに、あんな感情にまかせたブチ切れじゃ、もともとの支持者すら減らしてしまう。『安倍さんには街頭演説よりも、支持者の集会などで演説してもらったほうがいいのではないか?』なんて声も聞かれます」

 その意味では、一番の被害者は自民党かもしれない。安倍首相は、候補者や弁士としては“失格”と言わざるを得ない。

<文/足立力也(コスタリカ研究者。著書に『丸腰国家~軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略~』など。コスタリカツアー(年1~2回)では企画から通訳、ガイドも務める) 写真/横田一>

ハーバー・ビジネス・オンライン