ここから本文です

「なんとかしなければ」と考えるより、「楽しいかどうか」と考える

7/8(土) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 ちゃんとしなければいけないと、プレッシャーに押しつぶされそうな思いをしていませんか? 「そうすることが正しい」「~しなければいけない」という思いが、悩みや苦しみをつくり、時として人を追い詰めてしまうことがあります。『ただしい人から、たのしい人へ――そして「ありがとうの人」になる』(小林正観/廣済堂出版)では、正しさに押しつぶされそうになっている人たちに向けて人生がもっとラクに思えるような提案をしています。

 著者である小林正観さんは心学を研究し、全国を講演してまわり、これまでたくさんの人生相談にのってきたそうです。そのなかで著者は、多くの人がなかなか乗り越えられない3つの問題に行き当たったといいます。1つ目は、周りに苦しんでいる人がいるときに、自分がなんとかしてあげなければと思うこと。2つ目は、自分はちゃんと働いて、いろいろなことを守って生きているのに、周りの人はそのように生きていないのではないか、という怒り。3つ目は、子どもや部下などにちゃんと教えなければならない、あるいは自分がいろいろなものを背負っているということだったそうです。この3つに共通することが「正義感」や「使命感」といった正しさであり、正しくという思いがあればあるほど、正しく生きられない自分や他人へ暗い感情を生んでしまうというのです。

 そこで、著者は「正しく生きるよりも、楽しさを優先して考えたらどうですか」と提案しています。それは「正しく生きなくていいよ!」というわけではなく、「こうでなければならない」とか「こうあるべきだ」という正しさの考えにがんじがらめになるのはやめようということ。「自分にとってどういう生き方が楽しいか」を考えて生きるのが、楽な生き方だといいます。それでは楽しい生き方とはどのようなものか?

いい加減に生きる。
それが、自分にも他人にも
楽で優しくなれる生き方です。
 楽しい生き方とは、喜ばれる生き方であり、その方法のひとつとして、いい加減に生きることが本書の中で紹介されています。著者は若いころ、すべてが正しくないといけないと思い、時間はもちろん、いろいろなルールを守ることにとても厳しく、他人に対しても厳しかったそうです。他人に対して優しくなるためどうしたらいいか一生懸命に考えた結果、最善の方法は自分に甘くなること、自分自身がいい加減になってしまうことだったそうです。自分がいい加減なのに、他人に厳しくいうことはできません。自分に甘いほうが、自分や他人に優しくなれると気が付いたそうです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!