ここから本文です

特撮ドラマでカリスマ的人気を得た 小西遼生が音楽劇「魔都夜曲」に出演

7/8(土) 12:01配信

CREA WEB

 特撮ドラマ「牙狼-GARO-」で初代主役を務め、カリスマ的人気を誇る俳優・小西遼生。現在ミュージカルなど、さまざまな舞台、映像作品に出演する彼が、これまでの俳優人生を振り返る。

母親に連れられて宝塚歌劇団へ

――幼い頃に持っていた将来の夢は? 

 小学校の卒業文集には、「一級建築設計士」と書いていました。今考えると、よくそんな難しい言葉を知っていたな、とは思うんですが、ひょっとしたら一軒家を建てることに憧れていたのかもしれません。

――その後、中学ではバスケとテニスをやられていたそうですね。

 学校の部活ではテニス部に入っていたんですが、家の前にフープ(バスケットコート)があったんです。当時NBAやストリートバスケ、あと「スラムダンク」が流行っていたこともあり、休みの日は8~9時間ぐらい夢中になってやっていましたね。それで仲間と一緒に「3on3」の大会にも出場したんですが、1回戦を勝ち抜いた記憶は……ないですね(笑)。

――その一方で、子どもの頃、宝塚歌劇団の舞台を月1回の割合で観に行っていたそうですが、ご両親の影響ですか? 

 母親が宝塚好きで、物心ついたときには東京と兵庫の劇場によく行っていましたね。ついて行ったご褒美として、ゲームソフトを買ってもらえるんですよ(笑)。それで、上演中はロビーでポータブルゲームをやることも多かったんですが、「ブラックジャック」などコミックやアニメが原作のときは客席で観ていました。中学生ぐらいまで行っていたと思うんですが、そのときは自分が俳優になるとは思いもしませんでした。

観客の反応をダイレクトに感じた「テニミュ」

――その後、事務所にスカウトをされ、2003年から活動されますが、そのきっかけは? 

 高校のときは特に部活をやっていなかったんですが、文化祭の日、中庭にいる生徒を校舎から眺めていたときに、事務所の方に声をかけられたんです。その後、事務所に入って、広告のモデルなどをやることになるんですが、高校を休めなかったこともあって、週末に小遣いを稼ぐようなバイト感覚でした。

――04年には「ミュージカル テニスの王子様」に、伊武深司役で出演されます。

 ライバル校の生徒役だったんですが、オーディションに受かり、学校の部活の延長のような感じで、試行錯誤しながら、がむしゃらにやっていましたね。仕事で歌うことは初めてだったんですが、大学生のときに、ストリートミュージシャンの知り合いの勧めからアコースティックギターの弾き語りをやっていたこともあり、そこに関しては特に悩むようなことはありませんでした。

――人気ミュージカルに出演されたことで、心境の変化はありましたか? 

 人前に立つことで、とても充実感を得ることができました。また、お客さんがとても熱狂的で、みなさんの反応がダイレクトに伝わってくることで、ちょっとした快感を覚えるようにもなりましたね。また、それが縁でアニメの声優のお仕事もさせていただけるようになりました。

1/3ページ

最終更新:7/8(土) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」