ここから本文です

キャバクラは「仁義を守れぬ娘はいつか消える厳しい世界」

7/9(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 どの世界にも特有のルールが存在するものだが、男女の思惑や金銭が飛び交うキャバクラの世界はさらにシビアだ。守らないと「大変なことになる」という業界独自の掟を、今年6月にキャバクラを卒業し、新店舗『N(歌舞伎町)』のプロデューサーとして新スタートをきった桜井野の花(26)が紹介する。

◆お客との色恋問題

 基本的に色恋営業はご法度だが、実際にはタブーの一線を越えてしまう場合もあるという。

「アフター後のチューくらいは私はアリだと思うしお客さんへの日頃の感謝にもなると思います。けど最近はお客の指名欲しさにすぐ“枕”をしてしまう傾向がある。さらに、キャバ嬢とお客が付き合うケースも。営業かプライベートかの線引きは非常に曖昧だったりします」

◆「給料制」と「売り上げ制」

 ほとんどのキャバ嬢は時給が決められた「給料制」だが、人気キャバ嬢は、売り上げに見合ったマージンが入る「売り上げ制」のケースもあるという。

「キャバ嬢が成功するかどうかはスカウトマンの影響も大きい。スカウトマンは店舗の面接を取り付けてくれるだけでなく給料形態の条件をキャバ嬢に良いように交渉してくれる場合もある。たとえば入店時から売り上げで給料をもらえる設定にしてくれるなど。けどその待遇は他の娘には他言無用です」

◆キャバ嬢同士の“お宅訪問”

 キャバクラの世界では、自分のお店に来てくれたキャバ嬢のお店に「お返し」として訪れるのが慣わしなのだという。

「基本はお客様に連れていってもらう形で他のお店に遊びに行くわけですが、暗黙のルールとして自分が来てもらったら行く、が当然です。けど、その常識のない娘も中にはいる。意外かもしれませんが、この世界は女性同士の助け合いが大事。仁義を守れない娘はいつか消えてしまう厳しい世界です」

※週刊ポスト2017年7月14日号