ここから本文です

魅力的な体を作りたければ、熱いお風呂に入ること

7/9(日) 7:40配信

エスクァイア

我慢して耐えてください

海で自慢の肉体美を披露して、もっと女性に注目されたい? 
 
魅力的な体作り方法をご紹介しましょう。

熱い風呂の入浴は、ジョギングと同等のカロリー消費?

 今年も夏がやってこようとしています。みなさんもトレーニングに励んでいますか?今回はこの夏におすすめの新しいトレーニングをご紹介します。 
 
 新しいトレーニングって?と思った方もいるでしょう。それは「熱湯に入る」です。 
 
 熱湯に入ったら、汗まみれになり、体もヘトヘトに疲れてしまう…。そう思いましたか?それでも、ある研究によると、夏に熱湯入浴すると、トレーニングの効果がより上がるという結果が出たのです。今夏、氷パックを使用した爽快なトレーニングに励むのも良いのですが、ぜひ熱湯入浴もお試しください。 
 
 「熱湯入浴の科学」は、実にシンプルな原理です。熱いお湯につかると、体は熱さに順応しようとします。すると体は内部熱を解き放ち、普段以上に汗を流そうとします。こうした効果によって、屋外でのトレーニングよりも短時間で体を温めることができるのです。 
 
 『ニューヨーク・タイムズ』が伝えた最近の研究では、熱さに慣れようとして5日間連続で90分のロードバイクトレーニングを行った人が、タイムを6.5%ほど縮めることに成功したといいます。 
 
 酷暑に毎日90分のサイクリングに励むのは無茶な話ではあります。そのため、私がおすすめするのは「30分走った後に、最低でも40度のお湯に30分つかる」、あるいは「屋外でエクササイズを始める前に、お湯で熱さに順応しておく」という方法です。 
 
 長期的に考えてみると、熱さに耐えるのは良いことなのです。ヒート・トレーニングを行うことで心臓の血管の健康が良くなりますし、骨格筋を増やすこともできます。さらに体幹の温度は下げることができるのです。また、『アウトサイド』誌は、ヒート・トレーニングによって寒い冬のエクササイズが容易になるともコメントしています。 
 
 これからやってくる猛暑に向けて、まずはお湯につかって体を温めてみてはいかがでしょうか?

ESQUIRE UK

最終更新:7/9(日) 7:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます