ここから本文です

「ノーストップ」ミラン、追加予算で補強の仕上げ 伊紙「オーバメヤン捕獲作戦オープン」

7/9(日) 7:40配信

Football ZONE web

ドルトムントは移籍金104億円を要求、オーバ自身も年俸15億円を求める

 中国資本からの潤沢な資金を得たACミランは、新シーズンに向けて派手な補強を繰り返しているが、最後の仕上げは日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンになりそうだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が一面で特集している。

【動画】香川、ロイス、ロッベン、デンベレ… ブンデスリーガを彩る“魔術師”10人の超絶テクニック集

「このミラン、ノーストップ! オーバメヤン捕獲作戦オープン、追加予算を使ってプッシュ」

 ミランの動きは一面で大々的に報じられた。記事では、ミランの株式99%を取得した中国企業グループの代表であるリー・ヨンホン氏が、オーバメヤン獲得に対してはミランに対して投下している金額とは別枠での追加予算を承認。高騰が予想される移籍金をものともせずに獲得を推し進める方針だと報じられている。

 すでにミランのマルコ・ファッソーネCEOは、移籍市場で追加の動きがあることを報道陣に対して明らかにしているという。そして、オーバメヤンがそのメインターゲットである模様だ。

 ドルトムントは移籍金8000万ユーロ(約104億円)を要求。オーバメヤン自身も年俸1200万ユーロ(約15億円)を求めていると報じられ、金銭面がネックになると見られていたが、中国サイドからの追加予算承認によりその障害は一気にクリアになったようだ。

5年後に40倍の金額で買い戻す事態に

 オーバメヤンはミランの下部組織出身だが、トップチームに定着できず期限付き移籍を繰り返し、2012年にフランスのサンテティエンヌに180万ユーロ(約2億3000万円)で完全移籍となった。前述通りの移籍金で交渉が成立すれば、5年後に40倍の金額で買い戻す事態となるが、そうした状況を全て踏まえたうえで獲得に動いているという。

 記事では「この夏、ミランは威厳を取り戻す手段が手元にある」と記されている。昨季まで主力として活躍したスペイン人FWスソやイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラに加え、ポルトガル代表FWアンドレ・シルバ、トルコ代表MFハカン・チャルハノールらを補強したなか、韋駄天FWオーバメヤンを確保できれば、ミランの攻撃陣はイタリアでトップクラスの水準となりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/9(日) 7:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新