ここから本文です

【時短レシピ】癒し効果にも期待。余ったアボカドを利用して菌活!

7/9(日) 8:00配信

Suits-woman.jp

梅雨時のじめじめした気候でイライラした時にオススメの食材が、白みそを使った簡単みそ漬け。

ほかの料理で1個丸ごと食べ切れなかったアボカドや、前回のレシピ『はんぺん ビスクソース焼き』に使って余ったはんぺんは、ともに白みそとの相性よしの優れもの。柔らかな食材なのでガーゼで包むのがポイントですが仕込みはあっという間。漬け込んだ後はガーゼを取って切るだけ。作り置きおつまみ・おかずとしても活躍します。

【レシピ1. はんぺんの白みそ漬け】

材料(はんぺん1/2枚分)

・はんぺん 1/2枚 ※1/3か1/4に切る。

・白みそ 大さじ1~2

<用意するもの>

・ガーゼ、ラップフィルム(22cm幅のもの)

作り方

1・ラップフィルムを正方形に切り、白みそを塗り広げる。

2・1のみその上に、ガーゼで包んだはんぺんを乗せて包む。ビニール袋に入れてから冷蔵庫で半日~1日漬け込む。

【レシピ2.アボカド 白みそ&甘酒漬け】

材料(アボカド1/2個分)

アボカド 1/2個※縦1/2か1/3に切る。

<A>

白みそ 大さじ2

甘酒 大さじ1~2

<用意するもの>

ガーゼ、保存容器

作り方

1・アボカドが入るサイズの保存容器に<A>を入れてよく混ぜる。

2・ガーゼで包んだアボカドを1に漬け込む。フタをして冷蔵庫に入れ、1晩ほど漬け込む。

Point.
アボカドを漬け込む時、保存容器の代わりにジッパー付きの保存袋を使ってもいい。

飲む点滴とも言われ、今やコンビニでもいろいろな種類を見かけるようになった甘酒。そのまま飲んだり、スムージーに加えたりするだけでなく、砂糖代わりに料理に使っている人も増えているようです。発酵食品同士なら相性もいいので、今回のようにみそと合わせて使うのもオススメですよ。

最終更新:7/9(日) 8:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。