ここから本文です

全部日本で買える!【パリのベストセラーコスメTOP3】 [VOCE]

7/9(日) 11:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

「パリジェンヌが使っているものって、私たちとは違うんでしょ……」と思っていたら、大間違い! 実は、街のファーマシーで購入できる定番アイテムのベストセラーは、日本でも人気のものばかり! 今すぐ入手したい、フランスでの愛されコスメに迫ります。

パリジェンヌってどこでコスメを買ってるの?

パリジェンヌたちがスキンケアアイテムを買う場所は、デパートやセレクトショップといったお店もそうですが、なんといっても定番なのがファーマシー。処方せん薬からドクターズコスメ、大手ブランドまで揃えていることが多く、どこのお店も賑わっていて、彼女たちが日々拠りどころとして頼っているのがわかります。そんなファーマシーにおいてベストセラーとなっているのは、実は意外と日本でも購入できる物ばかりだったりするのです。

肌に優しく、使いやすいアイテム揃い!

ファーマシーで購入できるからには、やはり肌に優しく、多くは敏感肌でもOKなアイテムばかり。そこで今回は、トップ3位に食い込んでいる、不動の人気アイテムをご紹介しましょう。

Nuxe Huile Prodigieuse

パリジェンヌたちのボディケアを変えたと言ってもよい、オールラウンダーなオイル。髪、身体、顔と全身に使え、かつ細かく散りばめられたゴールドパールの美しさが日焼け肌に似合うことで、マストハブとなっています。

Bioderma crealine H2O

日本でもおなじみの拭き取りタイプのクレンジングウォーター。このアイテムが登場したことで、フランス人のほとんどが拭き取り洗顔が定番となったといっても、過言ではないほど。

Embryolisse Lait Creme Concentre

日本では主に、バラエティストアで販売されているアンブリオリス。こっくりとした濃縮クリームは、どんな乾燥肌でもしっとりさせてくれると評判です。

フランス人は、良いものがあれば家族内で何世代にも渡って使うと言われるほど保守的。そんなパリジェンヌたちに支持されて来たアイテムだけに、一度は使ってみる価値アリだと思うのです!

教えてくれたのは

井筒 麻三子
エディター&ライター。もとは美容中心だったものの、今や旅や著名人のインタビューページと、何でもアリのオールラウンドに活躍。25ans編集部等を経たのち独立。さらにヨーロッパに移住すべく、2011~2013年に英国で生活、2014年よりパリ生活をスタート。VOCEを始め、さまざまな雑誌でゆるりとお仕事中。