ここから本文です

都議選で大敗の自民党、「ちゃぶ台返し」の安倍首相はどうする? --- 田原 総一朗

7/9(日) 17:01配信

アゴラ

今回の東京都議会議員選挙は、都民ファーストの圧勝だった。
自民党は現有57議席を大きく割り込み、過去最低の38議席をも下回る大苦戦だった。

安倍晋三首相自ら苦戦を認めているが、敗因は明らかだ。選挙戦の最中、都民の反発を招いて自分の首をしめるような発言、出来事が連発したからだ。

まず、衆議院議員の豊田真由子さんだ。彼女の秘書への暴言が大問題になった。

さらに、板橋区の応援演説で、防衛大臣の稲田朋美さんがとんでもない発言をした。「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という自衛隊の政治利用とも受け取れる発言だ。これには野党、メディアはもちろんのこと、党内からも強い批判が起こった。あまりにも不用意な発言だ。当然のなりゆきだろう。

実は、これらの「衝撃的な言動」による騒ぎに紛れて、計らずも大きく取り上げられていない、大問題発言があった。安倍首相の24日の発言だ。

神戸市の講演会で、安倍首相は「日本獣医師会の要請の結果、新設を1校に絞ったことで、疑念を招いた」と釈明したのだ。ここまではいい。問題はその後だ。

今後は要望があれば、2校も3校も認めるという主旨の発言もしたのだ。

しかし、獣医師会はそんな要請はしていないと否定している。

この発言は、国家戦略特区諮問会議の基本方針とも矛盾している。基本方針では、1校の成果が評価された場合に、次の新設を許可するとしているのだ。だが、今治の獣医学部はまだ設立さえしていない。何も評価のしようがない段階だ。次の話などできようはずがない。

これは大失言だ、と僕は思っている。
自民党は、都議選で国民に「ノー」を突きつけられた。

だが、この通告は都政だけのことなのか。今回の安倍首相の「ちゃぶ台返し」が、今後、国政にどう影響を与えるか、僕はしっかりと見極めていきたい。


編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2017年7月7日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」(http://www.taharasoichiro.com/cms/)をご覧ください。

田原 総一朗

最終更新:7/9(日) 17:01
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム