ここから本文です

高畑充希が明かす、星野源と共演した『おげんさんといっしょ』裏話

7/9(日) 12:00配信

週刊女性PRIME

「朝ドラ『とと姉ちゃん』が始まって、『わたしは真悟』や『エレクトラ』で舞台をやっていた今年の5月くらいまで、ずっと走り続けていたような感覚だったんです。でも、お休みをいただいてリフレッシュしたら、気持ち的にもガラッと変わって。今は、日々追われていない生活なので、すごく穏やかです(笑)」

【この記事のすべての写真を見る】

 昨年、朝ドラヒロインを務めて以降も、映画に舞台、CMにと見ない日はないほどの活躍。まさに毎日を全速力で駆け抜けてきた高畑充希(25)。日本一多忙な女優に待望のまとまったオフが! 

「家で掃除や洗濯したりと、ゆっくり何もしない時間を楽しんだり。あと熊本にも行きました。何も予定を立てないで行ったので、友達にレンタカーを運転してもらって山の中をグルグル回ったりして。黒川温泉に行ったんですけど、入湯手形を1つ買うと3か所入浴できるんです。高原の中にポツンとある温泉に入ったりして、めちゃくちゃ気持ちよかったです!」

民放連ドラ初主演で史上最強の“箱入り娘”に! 

 気持ちも一新し、女優として“これからが第2章”と笑顔で意気込みも。そのタイミングで民放連ドラ初主演を務めるのが、7月12日からスタートする『過保護のカホコ』(日本テレビ系 水曜 夜10時~)。

 両親に無菌状態のように育てられた史上最強の箱入り娘・カホコ(高畑)が、ある青年との出会いで成長し、家族の問題も解決していく痛快ホームドラマだ。

「カホコは変だし面白いし、話数を重ねるごとにキャラが立ってきて、毎回台本が楽しみなんです。私もひとり娘で親がけっこう気にしてくれてはいますが、ここまで無菌状態で育てられてはいません。むしろ早く親元を離れて東京で暮らしていたので、菌を倒しながら生活していたほうです(笑)」

 もし自分がお母さんになったら、子どもとどう接すると思う? 

「べったり愛情は注ぐと思いますけど、たぶん困ったことがあっても、なるべく自分で解決させるようにすると思います。特に男の子だったら、“転んで学ぶのもいいじゃん”くらいな心構えになるかも。私も自分で悩んで解決したからこそ、勉強になったことがたくさんあったので」

 しかし、こんな思いも語った。

「なので、ベタベタ甘やかしたい気持ちを抑えて……とか言って、実際に子どもができたら、無菌状態で育てたりするかもしれないし(笑)。まだ想像できないです。

 でも、親友に子どもがいて、毎年一緒にお弁当を持ってお花見に行ってるんです。私も料理はボチボチやっていますが、その親友はお弁当箱にキレイにぎっしりと詰めてくるんです。そこまでできるか自信はありませんが(笑)、いつか自分の子どもとお花見に行ってみたいです」

1/2ページ

最終更新:7/9(日) 12:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月31日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)