ここから本文です

【J2採点&寸評】名古屋0-2徳島|GK長谷川が文句なしのMOM!名古屋は前線を中心に軒並み低評価

7/9(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

名古屋――怪我明けの八反田にフル出場は酷か。

 [J2リーグ22節]名古屋0-2徳島/7月8日/豊田ス
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 5
ボールをつなぎたいチームが間延びを改善できずに後手を踏み続けた。やりたいことがまったくできずに多くの決定機を作ったのは逆の意味で驚きだが、無得点の敗戦では申し訳は立たず。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 楢﨑正剛 5.5
2失点は痛いがそれ以外に防いだ好機も数多い。脆弱なセットプレーの守備をカバーする動きは経験を感じさせた。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

DF
15 宮原和也 5.5
後半まで運動量をそれほど落とさずに上下動を繰り返したが、周囲の動きが伴わずに低調に終えることに。
 
13 磯村亮太 5.5
この日も危機察知能力を活かした守備を見せたが、ビルドアップでの持ち味をほとんど出せず。守りに入るチームの煽りをもろに食らった。
 
17 小林裕紀 5.5
間延びするチームの中で懸命に縦パスを狙うも、前線があまりにも遠すぎた。セットプレーでの守備は彼を含めて守備陣全体の喫緊の課題だ。
 
3 櫛引一紀 5
左サイドバックとしての良いところはほとんど見せられず。オーバーラップしてからのアイデアを求めるのは酷だが、もうひとつ仕事を見せたかった。

MF
21 八反田康平 5
負傷から復帰して即フル出場はコンディション的には厳しい。必死にボールの中継点となり、攻撃にリズムを生もうと努力したが、終盤のパワー不足は明らか。

8 ワシントン 5.5 
押し込まれる最終ラインをカバーしつつ、何とか攻撃の目を探ったが前線が遠い。ボール奪取とキープ力で仲間を助けたが、ボランチにはキツい試合だった。

名古屋――攻撃陣は不発。チャンスは作ったが…。

7 田口泰士 5.5
距離の遠い前線と最終ラインを何とかつなごうと奔走。カウンター気味にならざるを得ない攻撃をコントロールしようと試みたが、及ばなかった。
 
29 和泉竜司 5(57分 OUT)
持ち前の運動量とボールキープ力がこの日は出せず。2失点目の直後に交代し、敗戦をベンチで見届けるしかなかった。

 
FW
38 永井 龍 5.5 (66分OUT)
1トップとして前線の起点となるべくスプリントを繰り返すも、ボールがなかなか収まらずにリズムを崩した。コンディションは戻った印象だが、決定的な仕事はできず。

32 深堀隼平 5(33分OUT)
初のスタメン出場はほろ苦い経験に。早々の失点で布陣変更があったのも不運だったが、もう少し持ち味を出したかった。
 
交代出場
MF
27 杉森考起 5.5(33分 IN)
鋭い動き出しとボールタッチで反撃の狼煙はあげたが、その後は低調なチームに飲み込まれるように失速。後半も奮闘したが、最後の詰めまで至らなかった。
 
FW
9 シモビッチ 5.5(57分 IN)
2点を追う苦しい展開で投入され、前線の起点となって決定機も生み出したが、決められず。スタメンからリズムを生んでほしい選手。
 
FW
11 佐藤寿人 5(66分 IN)
前線でフィニッシュのチャンスを待ち続けたが、ボールはなかなか届けられず。存在感はなかなか出せなかった。

監督
風間八宏 5
前半からリズムの上がらないチームに布陣変更などで手を加えたが、先制されたことですべてが後手に回った。後半の展開は采配でも何とかしたかったところ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。 
 

1/2ページ

最終更新:7/9(日) 7:00
SOCCER DIGEST Web