ここから本文です

【J1採点&寸評】鳥栖2-3川崎|逆転劇の口火を切った谷口がMOM! 後半失速の鳥栖は守備陣が低評価

7/9(日) 10:05配信

SOCCER DIGEST Web

鳥栖――後半に守備ラインが下がり、まさかの逆転を許す。

[J1リーグ第18節]鳥栖 2–3 川崎/7月8日/ベストアメニティスタジアム 
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖  5.5
前半は川崎にボールを持たせ、高い位置からプレスして攻撃につなげる策がハマったが、2点リードした後半は守備ラインが下がってしまい、川崎に逆転を許す。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 5.5
CKに対して積極的に飛び出し、前半はシュートにも冷静に対応したが、後半はフリーでシュートを打たれることが多く、対応は難しかった。
 
DF
13 小林祐三 5.5
スライディングで飛び込むタイミングなどは秀逸。後半は押し込まれた際、車屋への対応に手を焼いてしまった。
 
5 キム・ミンヒョク 5
前半の守備は安定感があったが、後半は守備も的が絞れずに混乱。ビルドアップのロングボールも苦し紛れだった。

【PHOTO】FC東京×鹿島の美女サポーターたち♡

35 青木 剛 5
守備ラインを統率していた前半は危なげなかったものの、後半はDFラインを押し上げられず失点を防ぎきれなかった。

23 吉田 豊 5.5
PKゲットし守備でも前半は貢献した。しかし、後半はサイドから中に飛び込んでくる選手をマークしきれなかった。

MF
6 福田晃斗 6
趙東建へダイレクトで上げたクロスは見事だった。球際の強さを随所で発揮したが、後半はプレスに行ききれず。
 
14 高橋義希 5.5
 カウンターで飛び出す走力は見せ、サイドへの展開も良かったが、肝心の守備でプレスに行けずボールをサイドに振られた。
 
4 原川 力 6(77分OUT)
コースを読まれたがPKを決めて先制点を挙げる。後半はボールを奪ってもパスコースに迷うことが多かった。

鳥栖――富山は存在感を発揮できず。

FW
40 小野裕二 5.5(70分OUT)
前への推進力を前半から発揮し、ロングボールのターゲットにもなった。守備でも貢献したが、徐々にパワーを失意交代。
 
18 富山貴光 5(57分OUT)
2シャドーの左に入るも攻撃で存在感を発揮することができず、後半早々に交代となってしまった。
 
9 趙 東建 6.5
1点目につながる吉田のPKゲットをフリックで演出。相手の隙を見逃さず、ヘディングで貴重な2点を挙げた。
 
交代出場
FW
27 田川亨介 5.5(57分IN)
相手背後に飛び出して、持ち味を発揮していたが、PA内でFWらしさを出せずにシュートなしに終わる。
 
DF
8 藤田優人 5.5(70分IN)
右サイドの守備を安定させて攻撃につなげることが役目だった。守備でも仕事をしたが、攻撃での貢献は低かった。
 
MF
50 水野晃樹 ー(77分IN)
短い時間ながらFK、CKからゴールを果敢に狙い続けて、チームに活力を与えようとした。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 5.5
前半は予定どおりも、後半は守備の修正を図った藤田投入も時すでに遅し。結果的に交代作画攻守のバランスを欠くことになった。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/3ページ

最終更新:7/9(日) 10:09
SOCCER DIGEST Web