ここから本文です

尾田栄一郎「ここからが面白いんだよーっ!!!」『約束のネバーランド』第4巻帯に推薦コメント掲載

7/9(日) 15:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 『約束のネバーランド』の第4巻が2017年7月4日(火)に発売された。単行本の帯には『ONE PIECE』の尾田栄一郎から推薦コメントが寄せられ、「尾田先生が約ネバ推薦してるのすごく嬉しい!!」とファンから歓喜の声が上がっている。

「週刊少年ジャンプ」にて連載中の同作は、孤児院グレイス=フィールドハウスで暮らすエマ、ノーマン、レイの3人の子どもたちが施設の秘密を知って脱出を計画するという物語。単行本の累計発行部数は110万部を超えており、記念した公式サイトも開設された。

 今回帯に登場した尾田は、「ここからが面白いんだよーっ!!!」というコメントにサインと麦わらの一味のドクロマークのイラストを添えている。このコメントには「尾田先生のコメントにめっちゃうなずいてる」「本当にその通り! ここからが面白いんだよ」と同意の声が続出し、「ジャンプ」看板漫画家からの推薦にファンは感動しているようだ。

 2巻では『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の秋本治が帯コメントを寄せ、「引きの上手さ、構成力、作画の演出力、最高のサスペンス作品」と絶賛した。

 4巻では、施設で“ママ”と呼ばれる女性・イザベラの策略からノーマンを救うため、エマとレイが奮闘する姿が描かれる。いよいよ新たな展開を迎える注目の作品を、今のうちにチェックしておこう。