ここから本文です

一芸光るキッチン家電10選 ひと味違う日常、手軽に

7/10(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

個性豊かな、一芸に秀でたキッチン家電。手軽ながらもおいしく、こだわりの味を自宅で楽しめる。キッチン家電の使い勝手や味わいを比べてみた。
◇  ◇  ◇
 自分好みの材料で自然な味わいに仕上げたい。健康的な食品を日々取り入れたい。本格的な味を家で楽しみたい――。手間や技術が必要だと考えて二の足を踏みがちな「できたらいいな」。実は一芸に特化したキッチン家電をうまく使えば、手軽にひと味違う日常を楽しめる。
 朝食は熱々のマフィンサンドに、前夜セットしたできたてのヨーグルトと甘酒。3時のおやつは砂糖を控えた自家製バニラアイスで一息つく。疲れた自分をねぎらいたい日には、冷やしたグラスに細やかな泡が浮かぶビールで乾杯。凍らせた果物をアイスにするヨナナスやポップコーンメーカーは、ホームパーティーなどハレの場の盛り上げ役にぴったり。作る様子も楽しく目を引く一芸家電は、SNSでも映えそうだ。
 一芸に特化した分、使う場面をしっかりイメージしておかないと、お蔵入りしかねない。操作や手入れ、置き場所など、生活に合わせて最適な1台を選びたい。

1位 アイスデリプラス(ハイアール) 730ポイントふわふわ食感 口溶けよく
 アイスクリームやジェラートを手軽に作れるアイスクリームメーカー。好みの材料を入れてボタンを押せば、40~120分ほどでアイスができる。通常の商品は容器を事前に冷やす必要があったが、冷蔵庫の製造ノウハウを生かして冷却装置を内蔵。「事前に冷やさず作れるのが最高」(戸井田園子さん)。「冷凍庫で容器を冷やす場所がいらなくなるのはうれしい」(隈部美千代さん)
 材料をかくはんしながら空気を取り込むため、できたてならではの「ふわふわ」(滝村雅晴さん)で「口溶けがよい」(池上正子さん)食感が楽しめる。軟らかさは4段階で設定できる。「テーブルやキッチンに出しておいても邪魔にならないサイズ感」(神原サリーさん)にも評価が集まった。1回に市販のカップアイス(110ミリリットル)約6個分が作れる。冷製スープもできる。
 (1)18.5×26.5×23.8センチ、2.5キロ(2)1万8000円(3)電話0570・020・812

2位 ヨーグルトメーカー プレミアム(アイリスオーヤマ) 550ポイント酸味・やわらかさ 自分好みに
 牛乳パックのままヨーグルトが作れる。「手作りヨーグルトは衛生面が気になるので、パックごと発酵できるのはありがたい」(瀬戸理恵子さん)
 牛乳に種となる市販のヨーグルトを加え、ヨーグルトメーカーの中にセット。温度と時間を設定して約8時間待てばヨーグルトができあがる。「夜セットしたら朝、食べられる。毎日食べる家庭におすすめ」(久田みゆきさん)。1リットルまでのパックに対応する。
 温度は25~65度、タイマーは1~48時間まで設定できる。「やわらかいものから酸味があるしっかりとしたものまで自在に作れる」(神原さん)。種にカスピ海ヨーグルトを使うなど「牛乳や種となるヨーグルトの組み合わせで自分好みのヨーグルトを作れるのは楽しい」(工藤裕子さん)。ヨーグルトのほか、納豆や塩こうじなども作れる。
 (1)14.7×14.7×28センチ、760グラム(2)5000円(3)電話0120・311・564

3位 エッグマフィン サンドイッチメーカー(ハミルトンビーチ) 540ポイント5分待てば 熱々サンド
 3つの天板でパンと具材を同時に焼き上げる、イングリッシュマフィン用のサンドイッチメーカー。下の天板にパンをセットしてハムやチーズをトッピング。真ん中の天板に卵を割ってパンを載せ、上の天板で挟んで5分待てば、熱々のサンドができあがる。「忙しい朝にはありがたい」(瀬戸さん)
 マフィンの表面がカリカリに焼け、パリっと仕上がる。真ん中の天板は可動式で、具材とパンが焼き上がったら横にずらして上下を合体してサンドにする。「挟む具材で様々な味を楽しめそう」(高橋ひでつうさん)
 天板はフッ素樹脂加工されていて、使用後はさっと拭けば汚れが取れる。「卵やチーズで汚れやすい真ん中の天板を取り外して丸洗いできるのがいい」(久田さん)。
 (1)15.7×18.5×14.5センチ、1.14キロ(2)5400円(3)電話0120・405・222(Praxi)

4位 フルーツビネガーメーカー EH―DF86G(ツインバード工業) 450ポイント好みの果実酢たっぷり
 酢に果実を漬け込むフルーツビネガーを、1日で150~300ミリリットル作れる。ガラスボトルに氷砂糖、穀物酢、果物を入れて本体にセットするだけ。通常数日から数週間かかるところ、約50度で24時間温め続けることで早く作れる。炭酸水やお湯などで割って楽しめる。
 「高価なフルーツビネガーを自分で選んだフルーツで手軽に作れるのはうれしい」(瀬戸さん)。透明なボトルは果実の色味が美しく、「SNSにも映える」(池上さん)。
 「ボトルがガラス製で衛生的」(戸井田さん)。一方で「ボトルが大きく、煮沸できる鍋がない家庭もありそう」(隈部さん)との指摘もあった。別売りのボトルもある。
 (1)13×13×30.5センチ、900グラム(ガラスボトル込み)(2)1万500円(3)電話03・3663・8772

5位 フードドライヤー(PRINCESS) 410ポイント味ぎゅっと凝縮、野菜でも
 6~12時間程度でオリジナルのドライフルーツが作れる。トレイに厚さ3~5ミリの食材を並べ、温度と時間をセットすると本体から吹き出る温風が食材を乾かす。「味が凝縮されて濃厚」(高橋さん)。トレイは食材に合わせて最大6段まで使用可能。キノコや野菜にも対応する。「自然な味わいでとてもおいしい。小さな子どもに食べさせたり、周りに配ったりしたくなる」(滝村さん)
 本体の大きさは決して小さくないが、「定位置を決めておくとよい」(神原さん)。「運転中、食材のにおいが部屋に広がるところが弱点か」(戸井田さん)との指摘もあった。
 (1)35×35×20センチ、3キロ(2)1万3000円(3)電話03・5643・9277(CORED)

6位 ヨナナスメーカー(ヨナナス) 400ポイント凍らせた果物で新感覚アイス
 米ドールが開発した新感覚アイス「ヨナナス」を作る専用機。バナナやイチゴなど凍らせた果物を入れて棒で押し出すと、刃が高速回転して砕き、クリーミーな食感を生み出す。砂糖や卵いらずで「果物の酸味を生かしたヘルシーな味わいが新しい」(東春樹さん)。「子どもでも操作ができそう」(鈴木善行さん)
 パーツは分解して丸洗いできる。ただ「アイスが内部に残っているのが残念。最後まで押し出せるとなおよい」(滝村さん)。白、ピンク、黄色がある。
 (1)16×19×35センチ、1.6キロ(2)5400円(3)(アントレックス)

7位 甘酒メーカー糀美人(マルコメ) 380ポイント甘酒 味わい優しく
 マルコメが同社のこうじブランド「プラス糀」で展開する甘酒作りのための家電。容器におかゆかご飯、水、米こうじを入れて、本体にセット。温度と時間を設定すれば約8時間で甘酒になる。完成したら音で知らせてくれるため、発酵しすぎを防げる。「作りが単純なので、説明書を読むのが苦手な人にも使いやすい」(池上さん)
 「優しい味わいで、豆乳で割ってもおいしい」(隈部さん)。温度は20~55度まで、タイマーも1時間単位で48時間まで設定可能。甘酒のほか、塩こうじやしょうゆこうじ、ヨーグルトも作れる。
 (1)20×17×21.5センチ、860グラム(2)5900円(3)電話0120・85・5420

8位 ポップコーンメーカー(ビタントニオ) 350ポイント熱風で調理 油使わずヘルシー
 本体に豆を入れてダイヤルを回すと、高温の熱風が豆をポンポンとはじけさせ、約2分で60グラムのポップコーンが完成する。「油を使わないのでヘルシー」(池上さん)
 ポップコーン用の豆には液状の調味料が絡みやすい丸い「マッシュルーム型」と、羽を広げたような「バタフライ型」がある。高温が必要で家庭では難しかったマッシュルーム型が手軽にできるのが特徴。「味付けは自分次第でいろいろ楽しめる」(戸井田さん)。
 (1)14.5×23×29.5センチ、1.16キロ(2)4500円(3)電話03・6758・2074(mhエンタープライズ)

9位 ネスレスペシャル.T Slim T.(ネスレ日本) 330ポイント紅茶・緑茶 最適な温度で抽出
 紅茶や緑茶、ハーブティーなど最適な温度と蒸らし時間で抽出できるお茶専用機。茶葉がつまった専用カプセルを本体にセットしてボタンを押せば、自動で種類を読み取り、180~200ミリリットルのお茶が出る。「抽出に時間がかかるが、香りもよくおいしい」(池上さん)
 カプセルは約20種(季節限定商品あり)。「カプセル代はかかるが、様々な味を楽しみたい人にはいい」(東さん)。通販限定で色は白とピンク。「スタイリッシュでコンパクト」(瀬戸さん)。
 (1)15.5×31.5×26センチ、2.1キロ(2)本体7800円、10カプセル756円から(3)電話0120・077・060

10位 ビアサーバーBEERGO(amadana) 310ポイントきめ細かく極上の泡
 サントリービールと共同開発したビアサーバー。中に栓を開けた瓶を置き、内蓋、本体の蓋を閉めればセット完了。レバーを奥に倒すと1秒間に約5万8000回の高出力超音波を発生させ、きめ細かい泡を注げる。「ビール好きなら絶対に欲しくなる極上の泡が魅力」(神原さん)
 「見た目がおしゃれなので自宅でのパーティーにもおすすめ」(久田さん)。推奨ブランド以外に、350ミリリットルや500ミリリットルの缶ビールなどにも対応する。
 (1)14×24×45センチ、1.7キロ(本体のみ)(2)3万2400円(3)電話03・6861・8657
◇  ◇  ◇

1/2ページ

最終更新:7/10(月) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。