ここから本文です

大泉洋、捜査官役と聞き“即決”も不満 「あの顔には正直、寄せようがない」

7/10(月) 21:16配信

エンタメOVO

 映画『東京喰種 トーキョーグール』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、出演者の窪田正孝、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、前野朋哉、萩原健太郎監督が出席した。

 本作の舞台は、人を食らう怪人・喰種(グール)が潜む東京。内気で平凡な大学生のカネキ(窪田)は、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しみながらも、喰種たちの世界に触れ、この世界のあるべき姿を模索していく。

 万雷の拍手で迎えられた窪田は「去年の今ごろ、暑い中で撮影していたのですが、CGも加わり、最高のエンターテインメント作品『東京喰種』映画版が完成しました」と胸を張ってアピールした。

 この日は、原作者の石田スイ氏が窪田をモデルに描き下ろしたカネキのイラスト画をプレゼントされた。一目見るなり「やばい。ちょっと待って…!」と驚きの表情を浮かべた窪田は「僕は顔中がほくろだらけなんですが、ほくろもちゃんと定位置に描いてくださってありがたい。先生には、感謝の言葉しかないです」と感激しきりの様子だった。

 一方、喰種に異常なまでの執着を持つ、ベテラン捜査官の真戸呉緒を演じた大泉は「マネジャーから(オファーの)話を聞いた時に“捜査官”という響きにグッと来まして、捜査官と聞いた瞬間に『やる』『引き受けた』と言ったんです」と明かした。

 ところが、その後、原作を読んだ大泉は、真戸のビジュアルにびっくりしたそう。白髪であるだけでなく「見てくれがひどいと言いますか、片目が非常に大きい。あの顔は相当ですよ」と声を張り上げた大泉は「石田先生も、もうちょっと実写化することをイメージして描かないと、これを実写で『俺がやる』という人はなかなかいない」とまさかのクレームを入れて、笑いを誘った。

 さらに、ネット上で配役が発表された際を振り返り「『大泉洋ではないだろう』という意見もあって、そりゃそうだろうと。でも、中には『ぴったりだ』と言うやつがいた。ぴったりではない。あの顔には正直、寄せようがない」とさらなる不満を爆発させた大泉。「あまりにもハマっていると言われるのもちょっと違うんだよな…。そういう感じのビジュアルですよね」とボヤいて、会場を盛り上げた。

 映画は7月29日から公開。

最終更新:7/11(火) 10:58
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!