ここから本文です

加藤諒が再び舞台で“異形の者”に! SPインタビュー公開

7/10(月) 14:00配信

ザテレビジョン

この秋、PARCO & CUBE 20th present舞台「人間風車」で一風変わった役に挑戦する、加藤諒。10歳の時「あっぱれさんま大先生」(1988~2004年、フジ系)で子役としてブレークして17年。その個性的なルックスも相まって、近年は「ゆとりですがなにか」(2016年、日本テレビ系)や「真田丸」(2016年 NHK総合)、「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」(2017年、TBSほか)などドラマばかりでなく、バラエティー番組でも引っ張りだこの人気者だ。

【写真を見る】阿部サダヲ演じたサムに挑戦

舞台「人間風車」は後藤ひろひとが1997年劇団「遊気舎」に書き下ろした作品。2000年にパルコ劇場版として、生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲら、さらに2003年には入江雅人、永作博美、河原雅彦など、そうそうたるキャストが演じ、伝説となった作品。今回は2003年版に出演した河原雅彦が、演出を担当することでも話題となっている。そんな本作で加藤が演じるのは、阿部や河原が演じた“サム”。阿部は憧れの存在だと語る加藤に、本作への思いを聞いた。

■ 規制がゆるい舞台ならではのグロい表現を!

――舞台「人間風車」は、“童話ホラー”と銘打たれた、不思議な世界観の作品ですね。

はい。物語は、成河(そんは)さん演じる平川という童話作家が、自作の社会風刺を織り交ぜた風変わりな童話を公園で子供達に聞かせるところから始まります。それがある時、売れない女優のアキラ(ミムラ)と出会い恋をしたことで作風が変わり、傑作を生み出します。でも身近な人の裏切りにあい、恋も上手く行かず平川は絶望のどん底に。そこからどんどん話が怖い方に展開していくんです。平川の奇想天外な物語の世界で面白く笑っていられたのが、いつの間にか恐怖の世界に落とされていく、ジェットコースターのような舞台になっています。

――加藤さんが演じる“サム”はどんな人物?

サムは子どもたちに混じって、童話を聞きに来る青年なんです。ただ、物語を聞くとその登場人物になりきってしまう性質というか…奇妙な青年で。憧れている阿部サダヲさんが演じていた役でもあり、演じるのもなかなか難しい役なので始めに聞いたときはプレッシャーもありました。でも、パルコ劇場版の映像を見てからは、プレッシャーがちょっとワクワクに変わってきていて。もう、やるしかない!と。自分がやる意味や、自分にしかできないサムを演じられるといいな、と。

――上演当時としても残忍な描写が話題になりましたが、今回も?

そうですね。僕が映像で見たのは2000年版でしたが、それも1997年の遊気舎初演時よりはマイルドにしているらしいんです。今回は演出の河原雅彦さんが、その遊気舎オリジナルに寄せた演出にしたいとはおっしゃっていたので、より過激にはなっているかもしれないですね。もちろん、僕もそれに絡んでいきます…というか、残忍な部分を担う事になります!(笑)

――どこまで過激になるのか楽しみであり、怖くもありますね。

たぶん近年は表現の規制があって、強烈さが抑えられちゃっている作品も多いと思うんですが、舞台って、それに関してはまだゆるい方なんだと思うんですよ。だからこそ、今「舞台でしか見られない表現」をお見せできたらいいなって僕たちは思っていて。そこを楽しみにしてほしいです。

――ちなみに、2000年版を見ての感想はいかがでした?

斉藤由貴さんが演じられていたアキラと阿部さんが演じていたサム、今作ではミムラさんと僕が演じるんですが、ふたり姉弟でその姉弟関係の悩みというのがすごく生々しいんです。全体にはファンタジーでありながら、そういう生々しい表現がちりばめられていて、そこが僕はゾワゾワして、すごく心を締め付けられる思いでした。今回もただ怖いだけでなく、笑えて、ぐっと泣けるところもあると思います。平川の童話自体、すごく感動できる作品なので、そこもぜひ、楽しみにしてほしいです。

――2017年版の新しい「人間風車」になりそうです。

そうですね。社会風刺の要素もあるので、その時々の時事問題が反映されるという面は今回もあります。ラストも初演とは変わると聞いているので、初演を見た方にとっても、また違った作品として楽しめるのではと思います。

■ 昨年の「パタリロ!」で一皮むけた?

――昨年は舞台「パタリロ!」で主演初座長を務められましたね。その経験を経て、舞台への思いはどう変わりました?

舞台はやっぱり楽しいし、すごく好きです。テレビの場合、バラエティだと台本があってないようなものっていう感じが、エチュード、即興劇に近いものがあるんですが、ドラマですと瞬発力がすごい大事で。台本を覚えて現場に入って、リハーサル、カメリハと何回かやったらもう本番で、その本番で出しきらないといけない。しかもアングル違いで同じものを何回も撮るってことがありますよね。舞台は、みんな一丸となって稽古して、本番は何回もやることはやるんですけれど、せーのでぶっ通しでやる。しかもお客様が目の前にいて、反応がすぐ返ってくる。どのお仕事にもそれぞれ楽しさがあるんですが、舞台は、その中でも特別感があります。

――よく役者さんは、舞台では裸の自分をさらす感覚だと聞きますが?

そうですね(笑)。特にパタリロの時は「私を見て!」って感覚が強まりましたね。千秋楽がバンコラン役のツネくん(青木玄徳)の誕生日で、彼が「本日の主役/永遠の27歳」ってタスキを自分で作ってきて、舞台上でめっちゃ大暴れしていたんですよ。そこで僕は「待ってよ。本日の主役はいいけど、僕の初座長公演の、しかも千秋楽。すっごい特別なのに!」って思って(笑)。そこで本来はマライヒ(佐奈宏紀)に「何やってんの?」って言うセリフを、アドリブでバンコランに向かって「何やってんの?」って、嫉妬心が表に出てしまいました(笑)。お客様もウケてくださいましたし、嫉妬するっていうのはパタリロ本人にもつながる要素なので、そういう意味では、リアルな気持ちでパタちゃんになれたかな?って思います。

――では、結構期間中は役になりきってしまうタイプ?

う~ん、そうですかね…でも今回の「人間風車」のサム役は、これほど自分と違う役なので、ちゃんと切り替えができる気がします。ただ河原さんには「病んでほしい」って言われたんですよ(笑)。僕としては「こういう動きをしたい」とか、今すごく考えていて。でもその動きをするには筋トレとかしないといけないなと思うので、今準備中です。

――そのほか、役作りのために準備は何かされていますか?

ちょっと感性が変わっている役なので、日常にいる変わった人を観察するようにしています。変わった人って、その場にいるだけで近寄りがたい雰囲気を醸し出したりするじゃないですか。そういうのがサムには必要かな?と思うので。「何でこの人、立ってるだけでおかしいのかな? 怪しいけど、気になっちゃう」っていうところを表現できたらいいな、と。そうやって“自分じゃない者”になっていくのが、今すごく楽しいですね。

最終更新:7/10(月) 14:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ