ここから本文です

あなたの知らない!? オートクチュールの世界Vol.2

7/10(月) 21:00配信

WWD JAPAN.com

 パリ・オートクチュール・コレクションが無事に終了しました。後半は連日、日本と同じくらいの35度をマークする暑さでした。無事に終了したと言ってもメゾンの方たちの私たちには見ない部分での苦労はたくさんあったはずです。とくに「メゾン マルジェラ “アーティザナル” デザインド バイ ジョン ガリアーノ(MAISON MARGIELA ARTISANAL DESIGNED BY JHON GALLIANO)」は、とても大変だったことでしょう。フランスの女性政治家、シモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)の葬儀に伴い、当初予定していたショー会場、アンヴァリッド(INVALIDES)から急きょ、オフィスに会場を変更したのですから。ちなみに、このシモーヌ・ヴェイユは、1927年にユダヤ系の建築家の娘に生まれ、アウシュビッツ収容所に収容されながらも生き延びた女性で、政治家になってからは妊娠中絶を合法化した、歴史的にも大きな業績を残した方なんです。

 こういった急な変更は、メゾンにとって大変なことは想像に難くないですが、数日寝ずに作業に取り組んだスタッフもいたとのこと。でも会場に行くと、そんなことはまったく感じさせない、優雅な時間が流れていました。クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノはショー後のフィナーレに登場することはありませんが、今回の会場はいつもデザインをしているオフィスということもあり、ガリアーノがひょっこりドアから出てこないかな、などと思いながら回りをきょろきょろ。結局のところ、見ることはできませんでしたが、来場者の席の後ろにガリアーノのアトリエを再現していて、それを見られたことは、なんだかお得な気分です。ガリアーノの美意識がそこにあるような空間は、イメージを膨らませてくれます。他にもヘアメイクの道具が置かれているコーナーもあり、モノ作りの背景を伝える演出がなされていました。

 ショーは無事に終了し、皆が大きな拍手で称え、会場を後にしようとすると、白衣を着たアトリエの皆さんがすがすがしい表情で、アトリエから会場に降りる階段の踊り場にそろって立っていました。やりきったことが伝わってきたので、とても温かい空気に包まれていました。ショーの時間は数分間という短い時間ですが、それに費やす膨大な時間とエネルギーを想像すると、見る側も気が引き締まります。それを改めて感じたショーでした。

最終更新:7/11(火) 15:07
WWD JAPAN.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ