ここから本文です

ビジネスパーソンのランチ事情……かつて一世を風靡した「弁当男子」はどのくらいいる?

7/10(月) 8:00配信

Suits-woman.jp

ビジネスパーソンにとって、ちょっとした息抜きになるのが「ランチタイム」。外食する人もいれば、お弁当持参する人やコンビニで購入する人など、さまざまなランチ事情があると思いますが、最近のビジネスパーソンはどんなランチタイムが多いのでしょうか? そんなランチ事情を、ジョブマッチングアプリ「Switch.」が調査しています。

弁当男子もすっかり定着!男性の約2割が「手作り弁当持参」

まずはビジネスパーソンたちのランチ事情について。「現在、出勤日のランチはどのように取ることが多いですか?」という質問を女性にしたところ、結果はこうなっています。

<女性>
1位 外食をする(自分で支払う)……40.4%

2位 お弁当を作って持っていく……31.6%

3位 コンビニで買う……17.5%

4位 有料の社員食堂を利用する……8.8%

5位 無料の社員食堂を利用する……1.8%

6位 外食をする(上司やお客さんにおごってもらう)……0%



1位は「外食をする」ですが、「お弁当を持っていく」派もかなり多いことが分かります。そして一昔前ならけっこう存在したであろう「上司やお客さんにおごってもらう」はゼロ! もはや、タダ飯を気軽に食べられる時代ではないようです。

一方こちらの調査は男性も行なっていますが、女性との違いをみてみましょう。

<男性>
1位 外食をする(自分で支払う)……46.1%

2位 コンビニで買う……22.8%

3位 お弁当を作って持っていく……19.4%

4位 有料の社員食堂を利用する……9.4%

5位 無料の社員食堂を利用する……1.7%

6位 外食をする(上司やお客さんにおごってもらう)……0.6%

こちらでも「外食をする」が46.1%でトップ。割合も女性(40.4%)とそれほど変わりません。一方、「お弁当を作って持っていく」は女性よりも12.2%少ない19.4%。とはいえ男性の約2割が自分で手作りのお弁当を作っているというのは、なかなかスゴイことではないでしょうか?2008年ごろ「弁当男子」という言葉が誕生しましたが、それから9年が経過した今も弁当男子はしっかり根付いている様子がうかがえます。

が、その一方で女性の間では絶滅していた「上司やお客さんにおごってもらう」という人が、ごく少数ながら現存していることも見逃せませんが……。

1/2ページ

最終更新:7/10(月) 8:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。