ここから本文です

【脱貧困!】夏休み前に知っておきたい!海外旅行保険の賢い加入の方法は?

7/10(月) 17:01配信

Suits-woman.jp

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、小池礼子さん(仮名・百貨店勤務・32歳)からの質問です。

「海外旅行にいくときに、毎回、海外旅行保険に入るかどうか迷います。今まで一度も使ったことがなく、もったいないなぁと思うこともあり……。やはり、入るべきなんでしょうか。できるだけコンパクトに、必要十分な加入のポイントを教えてください」

4泊6日のハワイ観光旅行の場合で7000~8000円程度、無事に帰ってくると、海外旅行保険に払ったお金でおいしいディナーが食べられた……と考えてしまう気持ちもわからなくもありません。最も賢い加入法を、森井じゅんさんに教えてもらいましょう。

☆☆☆

保険なしで旅行が満喫できるか熟考を

相談者さんのように、「使わないかもしれない保険にお金をかけるのはもったいない!」と考える人は少なくありません。実際、海外旅行保険に加入しない人もいます。

しかし、海外旅行中にケガをしてしまったり、病気かかったりして病院にかかれば、莫大な診察料や治療費がかかります。

また、海外旅行では事前の情報も不足しがちです。行ってみたら思った以上に治安が悪くて盗難などの被害に遭う場合もありますし、日本での常識が通用せず思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

それらを補償してくれるのが、海外旅行保険です。

旅行前は、保険が必要になる状況をイメージしにくいかもしれません。渡航先の治安状況、現地で体験するアクティビティー、そして、自分の経験の有無。万が一を想定出来ないのが海外旅行です。しっかりとリスクを検討してから加入するかしないかを決めてください。

ところで、海外で日本の健康保険が全く使えないわけではありません。
海外療養費制度という制度があり、海外旅行など海外滞在中に急な病気やけがなどにより、やむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により、一部医療費の払い戻しを受けることができます。

たとえば、海外で急な病気にかかって治療を受けたとき。日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額と、実際に負担した額の差額を受け取ることができます。

しかし、日本と海外での医療体制や治療方法等が異なり、医療費のわずかな払い戻ししか受けられないケースも少なくありません。

そもそも海外旅行自体、安いものではありませんね。その大事な旅行を安心して楽しむために、万全の準備をしたいと考えるなら、加入すべきでしょう。

それでは、賢い加入方法を考えてみましょう。

1/3ページ

最終更新:7/10(月) 17:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。