ここから本文です

映画撮影の現場で、ドローンはツールではなく主役となる

7/10(月) 18:50配信

WIRED.jp

映画の撮影現場で、自律飛行のドローンやレーザーなどがツールとして使用されることがある。しかし映画監督リアム・ヤングの作品では、それらが主役となり、監督の仕事すら担うことがあるという。

【ドローンが映画監督】自律飛行のドローンが撮影したSF映画のような映像

自律飛行のドローンやレーザー、さらにコンピューターによるレンダリングが、映像制作において特に重要な役割を担いつつある。しかし、映画監督リアム・ヤングの未来的な映画が、あれほど“異様”なものになっているのは、彼の映画ではこれらのテクノロジーがツールではなく、主役だからだ。

もともとは建築家だったオーストラリア人のリアム・ヤングは、映画『In the Robot Skies』『Where the City Can’t See』、そして『Renderlands』を、「トロイの木馬」のようなものだと考えている。テクノロジーを肯定的かつ創造的なものと捉え、表舞台に出せると思っているからだ。

例えばレーダーの一種であるLIDARといえば、これは自律走行車やUberが訴えられた訴訟にまつわる話などを想像するだろう。しかし、ヤングはもっと説得力のあることを考えている。「わたしたちはこれらのテクノロジーの“可能性”について、実際にプロトタイプをつくっているのです」

コロンビア大学のアーサー・ロス・アーキテクチャー・ギャラリーの「New Romance」展で公開された映画では、これらのテクノロジーが人間を導く未来の世界を描いている。

一方で、テクノロジーが何らかのかたちで社会を支配し、制御すらできるであろうことに警告を発してもいる。これらのテーマはもちろん、映画『In the Robot Skies』の重要なテーマであるドローンに限られたことではない。

この映画では、悪魔に取りつかれたようなインダストリアルミュージックが流れるなか、荒涼とした70年代の公営住宅を舞台に、自律飛行のドローンが登場人物を追う。ドローンの視点から見たこの作品は、ドローンを使い、密かに不法なメッセージを送る若い女性とそのボーイフレンドを描いた物語である。

この映画のなかでドローンは、主役であり撮影のツールであると同時に、監督のような立場でもある。飛行アルゴリズム、ナビゲーションシステム、さらには顔認識ソフトウェアにより、ドローンは行き先や撮影対象を自ら判断することが可能になったからだ。ヤングは、ドローン任せで撮った映像を最終的に採用した。「このテクノロジーには、ドローン自身の傾向や性格が表れています」と彼は言う。「その“目”を通した世界を知ろうと取り組んでいるところです」

『Where the City Can’t See』では、自律走行車を見つけ出すレーザー技術のLIDARが主役である。ヤングはLIDARを使用して、デトロイトを走行する自律走行車を上空から俯瞰したような映像を再現した。耳に残る無調デジタル音楽を背景にしたゴーストのようなシーンでは、強いブロックノイズ処理を施したカラフルな点の集合(ポイントクラウド)で、廃墟や放置された土地を表現している。監視から逃れようとする10代の若者を演じる俳優は、レーザーを吸収または反射する服を着用しており、街を移動する動きによって波紋や歪んだ形状などの模様をつくりだしている。

『Renderlands』においてヤングはインドやハリウッドで作業し、モニターの光に照らされたコンピュータレンダラーたちの暗いコラージュをつくる。そこは長い桟橋があって丘陵の景色が広がり、霧がかっていて、ネオンに照らされている。南カリフォルニアのような世界は、レンダラーたちが見たこともない想像の世界でしかない。想像で世界を描くプロセスは、映画の構成やプロットにおいて重要な意味をもつ。

かつて建築家ザハ・ハディドのもとで活動していたヤングは、自らの仕事をあらゆる建築家にとって重要なロードマップのひとつとみなしている。開発者とエンジニアによって、建築家は現実世界での役割が奪われると考えているからだ。ヤングは彼らをデジタル世界に導き、人々の物理的な環境とテクノロジーへの理解を助けることで、建築家の将来を考えている。

そのためにヤングは、テクノロジーに着想を得た映画の制作を活性化させようと、南カリフォルニア工科大学建築学部に「フィクション・アンド・エンターテインメント・プログラム」を設立する支援をした。すでに15名いる生徒はヤングのように、テクノロジーがいかにストーリーを描き出し、また主役になり得るのかを模索をしている。

最終更新:7/10(月) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc