ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談「蛭子さんの理想の死に方は?」

7/10(月) 11:00配信

女性自身

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「橋田壽賀子さんが『日本で安楽死できないなら、スイスに行って安楽死したい』と手記を書いていました。私も橋田さんと同じ意見です。蛭子さんにとって理想の死に方はありますか?」(アサリ花子さん・65・無職・岐阜県)

【A】「どうせ死んだらすべて終わり。死に方なんてどうでもいい」(蛭子能収)

死なないために生きてきたオレですが、最近、死について聞かれるんですよね。たしかに安楽死は理想的な死に方かもしれませんが、そううまくいかないですよね。このごろは、ショック死もいいなと思うようになりました。映画『麻雀放浪記』で役満(点数が高い役)を上がった衝撃で死んでしまった“出目徳”という男がいましたけど、ちょっと憧れますね。

あとどうせなら、オレが大好きな平和島競艇場でショック死するのもいいですかね。なんとなく“平和な感じ”がするし。オレの最高配当金は80万円ですから、せめて100万円ぐらい当てて、その喜びを感じながら、苦しまずに旅立つのもいいですね。手には舟券を握りしめたままで。でも、こんな死に方したら、人に笑われますかね……。まあ、どうでもいいか。

ただ、エンディングノートとか、死んでいく準備をする人がいますが、何の意味があるんですかね。どうせ死んだらすべて終わりですよ。

最終更新:7/10(月) 11:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視