ここから本文です

オールスター史上初。10年前の「イチロー伝説」を覚えているか?

7/10(月) 12:07配信

webスポルティーバ

 現地7月11日、メジャーリーグの第88回オールスターゲームがフロリダ州のマーリンズ・パークで開催されます。今年もシーズン前半戦を盛り上げてくれた超一流プレーヤーたちが集結しますが、時をさかのぼることちょうど10年前の2007年7月10日(日本時間7月11日)、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークにて行なわれた第78回オールスターゲームで、ある日本人選手が歴史に残る快挙を達成しました。そう、イチロー選手が史上初のランニングホームランをやってのけたのです。

【写真】メジャーの超大物たちが15年前に語っていた「イチローの衝撃」

 2007年、当時シアトル・マリナーズに所属していたイチロー選手は、メジャー1年目から7年連続7度目のオールスターゲームに選出されました。ファン投票では、ア・リーグの外野手部門3位。2005年の外野手部門4位をのぞき、通算6度目となるファン投票での選出でもありました。

 オールスターゲームを迎えた段階で、イチロー選手はア・リーグ2位の打率.365をマーク。1位はデトロイト・タイガースのマグリオ・オルドネスでした。彼はその年、打率.363で首位打者に輝いています。イチロー選手は5月にア・リーグ新記録となる41連続盗塁成功を記録するなど、オールスターに選ばれるにふさわしい活躍を見せていました。

 シーズン前半戦のマリナーズの順位は、ア・リーグ西地区2位。オールスターに向けて7連勝中と波に乗っていた時期です。ところが7月1日、チームを率いていたマイク・ハーグローブ監督が突如「情熱がなくなった」として契約途中で辞任。その後はベンチコーチのジョン・マクラーレンが指揮を執り、最終的には88勝74敗で4年ぶりに最下位を脱出し、西地区2位でシーズンを終えています。

 オールスターゲーム前日の共同記者会見には、僕も取材で行っていました。オールスターゲーム選出についての感想を聞かれたとき、イチロー選手が発した言葉を今も鮮明に覚えています。

「パンチョさんが生きておられたら、大喜びしたでしょうね。そのことをいつも考えます」

「パンチョさん」とは、長年パ・リーグの広報部長を務めた一方で、野球解説者としてメジャーリーグの魅力を日本中に広めた第一人者・伊東一雄さんのことです。「パンチョ伊東」という愛称で多くの野球ファン、野球選手から愛されていました。2002年7月4日に68歳で亡くなられたのですが、生前の伊東さんはイチロー選手のことをいつも気にかけ、イチロー選手も特別な人物として接していました。

 その言葉をサンフランシスコという場所で発したことが、僕にとって非常に感慨深かったのです。というのも、伊東さんとは1975年に初めてメジャーリーグ観戦をご一緒させていただいたのですが、その最初の地がサンフランシスコでした。

 余談になりますが、伊東さんは毎年サンフランシスコに行くと、観光名所のフィッシャーマンズワーフにあるジョー・ディマジオのイタリア料理店に訪れていました。ディマジオはサンフランスコからほど近い地元マーティネズ出身なのです。ゴールンデンゲートブリッジをクルマで渡ったり、芸術家の街サウサリートや港町ティブロンなどを伊東さんに案内していただいたのが、僕にとって忘れられない思い出です。サンフランシスコの街を伊東さんが愛していたことをイチロー選手は知らないと思いますが、あのときの言葉は本当にビックリしました。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか