ここから本文です

ダニエル・クレイグ、「もうボンドはやらない」から一転『007』続投か

7/10(月) 17:45配信

女性自身

『007』シリーズで6代目ジェームズ・ボンド役を務めているダニエル・クレイグ(49)。2015年の『007 スペクター』を最後にボンド役を降りる意志を表明していたが、一転翻意し次回作への出演を承諾したと英『Mirror』紙電子版が伝えている。

「いくらギャラを積まれてももうボンドはやらない」「もう一度『007』に出演するくらいなら手首を切る」など、クレイグは少々過激な表現でボンド役と決別することをアピールし続けていた。これに呼応し、次期ボンドに目されている候補としてイドリス・エルバやトム・ハーディ、エイダン・ターナーらの名前が挙がり、ファンの間では議論が白熱していた。

しかし、ここに来てシリーズのプロデューサー、バーバラ・ブロッコリがクレイグの出演確約を取り付け、さらにアデルを『007 スカイフォール』に続き主題歌を担当するアーティストに指名したという。彼女が歌った「Skyfall」は007シリーズのテーマ曲として初めてグラミー賞、ゴールデングローブ賞、ブリット・アワードを受賞している。

また、『007 スカイフォール』『007 スペクター』を担当した脚本家ジョン・ローガンが続投する可能性も高いという。

新作は来年クランクインし、2019年もしくは2020年の公開を目指す。

最終更新:7/10(月) 17:45
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2794号・10月17日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

真木よう子 長女を元夫に連日預けて“火遊び愛”
成宮寛貴氏 インスタ極秘再開!欧州で驚きの変身
元SMAP 72時間特番の内容判明!有名人の生電話も