ここから本文です

注目女優・吉岡里帆が語った駆け出しの頃の“内緒話”--「危険な一歩」だと思ったのは…

7/10(月) 6:00配信

週プレNEWS

ドラマ、CM、ファッション誌。今や彼女の顔を見ない日はないというほど、人気女優の仲間入りを果たした吉岡里帆。7月クールの日曜劇場『ごめん、愛してる』(TBS系)ではゴールデン帯ドラマでは初となるヒロインを務めている。

【画像】吉岡里帆の二面性を見せるグラビア

『週刊プレイボーイ』30号(7月10日発売)では、そんな吉岡里帆の魅力を40Pに渡って掲載。合計2時間を超えるロングインタビューで彼女が初めて明かした、駆け出しの頃の“内緒話”――。

―今号は「吉岡里帆特集」ということで全40ページのフルボリュームで迫ります。

吉岡 ありがとうございます。でもいいんですか、こんなにページ割いていただいて…?

―もちろん。まずはグラビアの話から。今回は雰囲気の異なる2本を撮影しました。

吉岡 対照的でしたね。どちらも素晴らしかったです。

―表紙にもなったアンディ(カメラマンのND CHOW氏)とのグラビアは斬新というか、実に刺激的ですね。

吉岡 はい。衣装もメイクも作り込んで、ポージングにもメリハリをつけて、一枚ずつ決めて撮っていくイメージでした。こういうピンナップ調のグラビアは初めてで、現場では音楽をガンガン鳴らして、テンションを切らすことなくアンディと向き合っていました。

―なかでもお気に入りは?

吉岡 白いウエディングドレスとインラインスケートのカットです。あと24歳にして初めてチャレンジしたツインテールのカットも気に入っています。そういえば、このときは茶髪なんですよ。ある役で染めていたのですが、この状態も残しておきたいなって。いい記念になりました。

―そしてセンターグラビア。大自然をバックにした叙情的なグラビアです。

吉岡 こちらは引き算というか、メイクなどもシンプルにしてとにかくありのままの自分を出そうとした写真です。鳥取砂丘には小さい頃に家族と一度行ったきりだったので、なんだか懐かしかったです。大人になってからは初めて行きましたけど、ものすごくきれいでした。

―こちらのお気に入りは?

吉岡 遠くを眺めているカットです。何も縛りがない感じが気に入っています。あと、この砂丘を登っているカットも。「これから登っていこう」という私自身の気持ちとリンクするように、貫(つらぬく)さん(カメラマンの熊谷[くまがい]貫氏)が構図を考えてくれました。

―それぞれ異なる吉岡さんが写っていて、吉岡さん主演の映画を続けて見た気分です。

吉岡 ふふふ。そんなカッコいいこと言ってくれるんですね(笑)。

―いやいや(汗)。吉岡さんは初グラビアが『週刊プレイボーイ』で、約3年間にわたり撮影させていただいております。せっかくの特集号だし、これまでの「軌跡」のような話も聞ければと、バックナンバーを持ってきました。

吉岡 うわ~! 懐かしい。昔は顔が丸いですね~(笑)。







―割と有名な話ですが、吉岡さんは最初、水着グラビアをやりたくなかったんですよね。

吉岡 はい。撮影のお話をいただいたとき、「絶対私にはできない」って、マネジャーさんとの電話で号泣しちゃいました(笑)。当時は京都の小さな劇場でお芝居することだけが自分のすべてだった時期で、とても狭い世界にいたんですよね。週刊誌に水着姿で出るということがまるで想像つかなくて。自分とは最も遠い世界のような気がして、危険な一歩を踏み出すみたいな心持ちでいたんです。

―実際の撮影現場では、どうだったんですか?

吉岡 もうガクガク(笑)。初グラビアの扉を見ると「頑張って笑わなきゃ」って顔していますよね。手はスカートの裾をギュッと握って、緊張していて。でもやっているうちに、スタッフの皆さんが一生懸命いい写真を撮ろうとしてくださっているんだとだんだんわかってきて。特に貫さんとの初ロケ(2015年6月1日発売号「遠い記憶」)の経験は大きかったですね。

最初のシーンが浴衣のカットで、胸元も多少開いているんだけどいやらしさがなくて、力の抜けた自然体の自分を撮っていただいて。それを見て「写真って面白いな。こういう見せ方もできるんだな」と思いました。それからですね。毎回の撮影を心から楽しめるようになったのは。

―実際、それ以降は明るい笑顔のページが増えています。

吉岡 確かに、顔に出ていますよね(笑)。あと、週プレさんのグラビアって、コメントがあるじゃないですか。

―「グラビアポエム」といわれる文言ですね。賛否両論ありますが、週プレのグラビアは昔からそうですね。

吉岡 毎回、「期待の新人女優」みたいな身に余るようなことが書いてあるんですけど、“君は大丈夫だ”“頑張れ”ってエールをいただいている気がして。「よし、やるぞ!」って、毎回ジーンときながら読んでいたんですよ。

―今では、グラビアの見方は変わったと。

吉岡 変わりました。グラビアって肌の露出だけを見せるものではなくて、その人のパーソナリティや内面を写すものなのかなって。今は自分自身、特別な表現方法だと思っています。

―ということは、言い換えれば吉岡さんはグラビアで内面をいかに出すかを意識している?

吉岡 鋭いですね(笑)。そうなんです。私、ほかのアイドル、モデル、女優さんと比べて突出してビジュアルが美しいわけではないのは、自分でよくわかっているので。むしろ込み上げてくるものをいかに残すかという点で勝負したいなって。だから毎回、自分の気持ちに嘘をつかず、素直な表情を出していきたいと思っています。

★後編⇒『ごめん、愛してる』も話題! 最も勢いのある女優・吉岡里帆「ブレイクしたと思うことは死ぬまでありません」

(取材・文/大野智己 撮影/本田雄士 協力/TBS エーチーム)

■『週刊プレイボーイ』30号(7月10日発売)では、吉岡里帆を大特集。グラビアやドラマ密着取材など合わせて40Pに渡り掲載!

■『週刊プレイボーイ』30号「表紙の美女スペシャル 吉岡里帆」より

最終更新:7/12(水) 12:01
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.33
7月31日(月)発売

定価400円(税込)

空母いずも「緊迫の南シナ海」に初出撃!/
男が乗るべきゴツ顔カーベスト10/都ファ
「取材拒否」の真相【グラビア】AKB48
/わちみなみ/松本穂香/桜井えりな 他