ここから本文です

清水、ブラジル人FWが途中退団か。今季J1は4得点、韓国復帰へ

7/10(月) 19:22配信

フットボールチャンネル

 J1の清水エスパルスに所属するブラジル人FWチアゴ・アウベスは、韓国に復帰する可能性があるようだ。韓国メディア『スポータル・コリア』が報じた。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 24歳のT・アウベスは今年3月にサウジアラビアのアル・ヒラルから清水に期限付き移籍。今季のJ1で10試合に出場して4得点を記録している。

 同メディアによれば、Kリーグの全北現代への移籍が迫っているという。選手の保有権はアル・ヒラルが保持しているが、移籍金が高額になるため、清水への期限付き移籍契約を途中解除して再び全北現代に半年間の期限付き移籍をすると伝えられている。

 T・アウベスは2015年に浦項スティーラーズ、2016年に城南FCでプレー。全北現代は今年1月にもT・アウベスに興味を示していた。

 全北現代は過去に浦和レッズでもプレーしたブラジル人FWマゾーラの契約を解除しており、外国籍枠を1つ空けている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)