ここから本文です

カオスな机上もこれでスッキリ! 地味でも役立つ「デスク整頓グッズ3選」

7/10(月) 8:50配信

週刊SPA!

ハイテクがもてはやされるデジタル業界で「PC回りの整頓グッズ」は地味な存在。だからといって侮っていると、瞬く間にデスクの秩序に差がつく!

⇒【写真】電子吸着ボード「ラッケージRK10」

◆PC、デスクの「スリム化」で、デスク回りはむしろカオスに!?

 デジタル化によって、人が持つ文具の数は減っているように思える。あらゆる筆記用具を「アップルペンシル」1本で代用するようになったという人だっているかもしれない。かといって、デスク上のカオス状態が緩和されたかというと、そうでもないのが現実だ。

「北欧家具やIKEAの普及もあってか、パソコンデスクもシンプル志向に。Amazonの売れ筋を見ても上位は“引き出しなし”の製品です。家具としてはスッキリしているのですが、そのぶん、デスク上はカオスになりがち。むしろ、小物収納にはますますアイデアが求められるようになっていると思います」と話すのは、パソコンライターのコヤマタカヒロ氏。

 一方で、地味なだけになかなか情報が広まらないのがこのジャンルの泣きどころ。

「例えば“液晶ディスプレイの上に置く棚”。CRTディスプレイが主流だった時代には、ディスプレイの上が一種の棚として機能していました。それが、液晶全盛期になってモノを置けなくなり、地味に不便だなと感じていた人は少なくないはず。そこで誕生したのが、ネジやドライバー要らずでディスプレイの上に設置できる棚です。しかし、いまだにその存在を知らない人も少なくないですね」

 恥ずかしながら担当編集も、コヤマ氏に話を聞くまでまったくのノーマーク。だが、これは便利だ! なにげにデスク上では邪魔になる卓上カレンダーや、細々とした文具の置き場として最適だ。

 デスクやパソコン本体がオシャレになるほど、小物の行き場は失われるという逆転現象が起きる。かつてはディスプレイのベゼル(外枠)にメモをセロテープで貼っていた人も、超薄型ベゼルともなれば、妙に遠慮気味に……。そんな人がきっと重宝するのが、静電気でメモをくっつけておけるボード。名刺だってはがきだってテープ要らずでホールドしてくれる。

「片付けの極意は『モノの定位置をつくること』。とっちらかりがちなケーブル類をどうするかといったルール作りも大切ですよね。僕の場合、ケーブル類はS字フックにかけていますが、ケーブルの先をディスプレイにくっつけておけるマグネットなども便利ですよ」

<デスク整頓グッズ3選>

●ディスプレイボード

昨年発売されてプチブレイクした製品。2本のアームでディスプレイの上にボードを固定する。iMacディプレイの曲がった背面でも問題なし。50cmと20cmの2タイプがある。3780円(50cm)/キングジム

●電子吸着ボード「ラッケージRK10」

「テプラ」で知られるオフィス用品の雄・キングジムらしいアイデア商品。大判の写真やはがきも難なくホールドする吸着力が頼もしい限り。単3電池4本で約9か月稼働する。3240円/キングジム

●USBキーボード

一辺がレゴの基礎板のようになったキーボード。散乱しやすいフィギュア類を固定できるほか、レゴを組んでペンスタンドを作ったり、レゴフィギュアの手にケーブルを持たせたりと、活用幅は無限! 2999円/上海問屋

取材・文/SPA!編集部 撮影/高仲建次

日刊SPA!

最終更新:7/10(月) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた