ここから本文です

浅川梨奈、初のヤンキー役で足上げ&つば吐きにこだわり 「監督がすごく褒めてくれた」

7/11(火) 20:37配信

エンタメOVO

 映画『14の夜』のトークイベント&DVD特典お渡し会が11日、東京都内で行われ、出演者の犬飼直紀、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)と足立紳監督が出席した。

 本作は、数々の国内映画祭で脚本賞を受賞した『百円の恋』を執筆した足立氏の監督デビュー作。1987年を舞台に、いつの世もくだらないことに必死な中学生男子たちの悶々とした日々を描く。

 中学生タカシ役で映画初主演した犬飼は、約750人が参加したオーディションで役を勝ち取ったことについて「すごくうれしかったのを覚えています。オーディションが土日にあって、火曜ぐらいに『合格したよ』とすぐに連絡が来たのですごくびっくりして。あっさりで、自覚のない状態で進んでいました」と当時を振り返った。

 タカシの幼なじみのメグミを演じた浅川は、初のヤンキー役に最初は戸惑いがあったと明かした。ところが、スタッフからは「今までいろいろな役があったけど、ヤンキーの浅川が一番しっくりくる」と評価されたという。

 うなずきながら同意するファンに対して浅川は「今うなずいた方の顔は全員覚えた」と笑わせたが、「そういう作品に出会えたことは今ではうれしく思っています。新鮮で楽しかった」と語った。

 また、役づくりの一環で原動機付自転車の免許取得に励むも、4回連続でギリギリ不合格だったことを明かし、バイクから降りるシーンでは「『足を高く上げてくれ』と言われて足がつりそうになった。でも映像を見たらヤンキーっぽくて、自分では好きなところになりました」と語った。

 さらに、つばを吐くシーンでも足立監督のこだわりが爆発したそうで、「リハーサルでは『ぺっ』というイメージだったんですけど、監督は『もっとねちょっとやって』と。ねちょっとやったらすごく褒めてくれて気持ち良くなって、休憩のたびに飲み物を飲んで唾液をためて、ねちょーってやっていました」と楽しそうに裏話を披露した。

最終更新:7/11(火) 20:37
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ