ここから本文です

ブロガーが教える自撮りテク ナルシストと思われぬ方法など

7/11(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)などの情報番組の解説に、ブロガーといわれる人々の登場が増えている。好きが高じて専門家と化した彼らの愛ある話は人々を魅了し、ネットを飛び出し、テレビ、ラジオなど活躍の場を広げている。

 2016年8月30日放送の『マツコの知らない世界』に自撮り指導員として登場した生駒幸恵さん(30才)もそんなブロガーの一人だ。カメラは顔より高い位置から撮り、上目遣いで…など、自撮りできれいに撮るコツを伝授した。

「反響はすごかったですね。あ、女性セブンの自撮りのコツを紹介する企画(2016年11月24日号)でも登場しています」(生駒さん、以下「」内同)

 ブログだけに限らず、インスタグラムでも自身のライフスタイルを配信。カリスマ的な人気を得ている。インスタグラムのフォロワー数は3万人を超える勢いだ。

 生駒さんの実際の肩書は自撮り指導員ではなく、ソーシャルネットワークコンサルタント。自身が勤めるアパレル会社の販売員にブログやインスタグラム、ツイッターなどの活用法を指導している。

「『マツコの知らない世界』は、私以外に25人くらい声をかけたみたいですが、カメラ、画像修正、SNSの知識がある人ということで、私に決まったようです。会社に入った10年前は、SNSの『mixi』が流行していて、そこで自社のブランドや、カリスマ販売員と呼ばれるスタッフのコミュニティーが立ち上がっていきました。これをビジネスチャンスにできないかと、独自にSNSやブログの研究を始めたことがすべての始まりです」

 当時、若槻千夏(33才)や中川翔子(32才)、辻希美(30才)などタレントのブログが爆発的に人気を得ていた。

「私は若槻さんの熱烈なファンで、彼女が着ている服はもちろん、髪形やネイルなど、すべてブログを参考にマネしていました。若槻さんのブログとともに、当時、ブログで人気だったタレントやモデルのブログが、なぜ注目されているのか、毎日見て研究するなか、いくつかの傾向が見えてきたんです。

1/2ページ