ここから本文です

【 速報 】 ルイ・ヴィトン、スマートウォッチを世界同時発売

7/11(火) 13:15配信

MEN’S+

 ルイ・ヴィトンが7月11日、ブランド初となるコネクテッド機能付きウォッチのコレクション「タンブール ホライゾン」を発表しました。その名の通り、15年前に“ルイ・ヴィトン”ブランドとして初めて高級時計の世界に進出したときの記念すべきコレクション「タンブール」のケースを採用しています。

【 写真 】 さまざまな角度からスマートウォッチ「タンブール ホライゾン ブラック」を!

「通信機能を利用して外部デバイスとつながる時計」という意味で「コネクテッド機能付きウォッチ」と謳っていると考えられますが、事実上のスマートウォッチであり、“ルイ・ヴィトン初のスマートウォッチ”といっていいでしょう。

 ラインナップは全3モデル。27万7000円(税別、以下同)からの「タンブール ホライゾン グラフィット」「タンブール ホライゾン モノグラム」と、33万7000円からの「タンブール ホライゾン ブラック」です。ストラップはメンズ30種、レディース30種の合計60種類。どのストラップを選ぶかによって、購入価格も変わります。

 さて、“スマートウォッチ”というプロダクトを構成するのは、ハードウェアだけではありません。ソフトウェアとサービスがなければ、外部に接続できませんから。ターンブル・ホライゾンでの各要素を詳しく見ていきましょう。

ユニセックスなハードウェア

 ハードウェア面では、全モデルともにケースの直径が42mm、厚さが12.55mmですから、男性だけでなく女性も身につけられるサイズといえます。「グラフィット」はステンレススチールをサテン仕上げに、「モノグラム」と「ブラック」は同光沢仕上げです。

 なお、ステンレススチールは色づけが大変難しいことで知られていますが、「ブラック」モデルはブラックPVD仕上げのため、より光輝く質感が他モデルと一線を画しています。

 ベゼルは24時間表記。その中央に位置する文字盤は、後述する「パーソナライゼーション」機能によってデザインや情報を様々に変えることができます。

 ユーザーの立場からは、バッテリー性能も気になる点ですね。通常使用時での平均持続時間は最大22時間、充電は2~3時間で終了します。毎日身につける時計として、十分な性能だといえるでしょう。

 そのほか、「Louis Vuitton」ロゴ入りサファイアガラスのケースバック、ステンレススチール製アーディヨンバックル、30m防水対応、容量4GBといったスペックが目を引きます。

1/2ページ

最終更新:7/11(火) 13:21
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!