ここから本文です

【ペットと親子旅】琵琶湖のほとりで、かわいいワンちゃんと思い出作りの旅を

7/11(火) 13:30配信

旅行読売

まめ太郎君を中心に広がる「親子」の交流の輪

 琵琶湖のほとり、おごと温泉のワンちゃんと一緒に泊まれる宿「暖灯館きくのや」の1階ラウンジで、愛くるしい「看板犬」まめ太郎君の歓迎を受けた。
 しっぽを振ってニッコリ笑顔を見せるまめ太郎君は、旅館の子らしく、人懐っこいだけでなく犬にも愛想をふりまく。きくのや社長の池見喜博さんとまめ太郎君の周りに集まった宿泊客らが、それぞれの連れのワンちゃんの「我が子自慢」で盛り上がった。「うちの子は愛想がいい」「うちのは元気が良すぎて」と、話題は尽きない。ペットと泊まる宿での大きな楽しみは、ペットを通じての宿泊客同士の交流だ。

 「ワンちゃんへどうぞ」と池見さんは、特製バンダナとおやつを宿泊客らに配る。その池見さんは「温泉旅館ですから、ペット同伴でも和風の畳部屋です。でも、特別な化学畳なのでワンちゃんが粗相をしても、さっと拭き取れるようになっているんです」と言う。
 旅館に来る途中に寄った、びわ湖バレイの景色を思い出した。昨年、展望施設の「びわ湖テラス」が誕生して話題をさらった場所だ。グリーンシーズン(4月上旬~12月上旬)は、ワンちゃんをケージに入れれば、ロープウェイに一緒に乗ることができ、山上のゲレンデにあるドッグランを無料で利用できる。旅館近くでは、おしゃれなカフェレストラン「What's The Life Style」のペット連れも利用できるテラスで一服、湖岸の散歩も楽しんだ。
 旅館では、4人までなら、ワンちゃん同伴で部屋食を楽しめる。温泉は、アルカリ性が強い美肌の湯で、湯上がりは肌がツルツル。まめ太郎君はじめ多くのワンちゃんの顔を思い浮かべながら、神戸へ戻った。

文/児島奈美


暖灯館きくのや(滋賀県大津市)
※体重8キロまでの室内犬のみ受け入れる

電話/077・578・1281
料金/ペット同伴専用の和室は1泊2食1万9590円~
交通/【車】名神高速京都東ICから国道161号経由16キロ【鉄道】京都駅から湖西線21分のおごと温泉駅下車。15時以降は送迎(5分)がある(要連絡)
住所/大津市雄琴6-1-29

ペット料金/1頭2160円(1部屋に2頭まで、食餌と餌入れは要持参)
【ペットデータ】
備品:消臭スプレー、ペットサークル、粘着ローラーなど
しつけ:トイレやむだ吠えなど、室内犬としてのしつけができていること

最終更新:7/11(火) 15:02
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売10月号

旅行読売出版社

2017年10月号
8月28日発売

540円


第1特集 あの名湯でひとり泊
第2特集 ねじめ正一さんが探訪 元気な商店街