ここから本文です

「ネット中立性」が損なわれると、IoTの未来まで危うくなる

7/11(火) 7:30配信

WIRED.jp

ネットワーク中立性という考え方のおかげで、わたしたちは利用するサーヴィスやデヴァイスによって差別をうけることなく、平等にインターネットにアクセスできた。しかしいま、「ネットは平等」という前提が覆されようとしている。そのとき、実はIoTの未来まで脅かされることになるのだ。

オンラインプライヴァシーを守りたい? それなら...

ネットワーク中立性は、簡単に理解できる概念ではない。例を挙げて説明しよう。インターネットプロヴァイダーのなかには、AT&T、Comcast、Verizonのように、独自のテレビ番組やストリーミングサーヴィスをもつ企業がある。こうしたプロヴァイダーが、Netflixのような競合サーヴィスをユーザーが利用する際の通信速度を、自社の利益のために遅くしてはいけない──それがネット中立性である。

ネット中立性は、ヴィデオストリーミングだけに当てはまるものではない。わたしたちが自分の好きなデヴァイスを自由に使えることを保証する概念でもあるのだ。

現在のネット中立性のルールでは、わたしたちが自分のノートパソコンやタブレット、スマートフォン、Wi-Fiルーターをネットに接続することを、インターネットプロヴァイダーが制限することはできない。ネット中立性がなければ、プロヴァイダーや携帯電話会社が、ある特定のブランドの携帯やパソコンのトラフィックを他社より高速にできる日が来るかもしれない。

そして、それがいま始まろうとしている。

ネット中立性の規制撤廃は、IoTの成長を妨げる

Appleの「Home Pod」からクルマのサーモスタットまで、人々がネットに接続するデヴァイスはどんどん増えている。それに伴い、ネット中立性はさらに重要な意味をもつようになってきた。たとえ、共和党が主導する連邦通信委員会(FCC)が、それを変えようとしていてもだ。

FCCは、ネット中立性に関する規制を行う機関の権限を覆えすプロセスを開始した。つまり、議会や裁判所が介入しない限り、ネット中立性はじきに過去のものになってしまうかもしれない。

このルールの廃止は、IoT(Internet of Things)の未来にとって大きな問題となる。すでに自社のスマートホームプラットフォームに取り組んでいるComcastのような企業には、特定のガジェットやサーヴィスの通信速度を速くしたり遅くしたりするモチヴェイションが十分あるだろう。

もし、あなたが利用しているインターネットプロヴァイダーが、あなたが使えるパーソナルアシスタントやスマートホームガジェットを指定できるとしたら、ブロードバンドがIoT競争における勝敗のカギを握ることになる。 それは競争、イノヴェイション、そしてわたしたちにとってよい兆候ではない。

一見すると、ネット中立性はIoTにあまり影響しないように思えるかもしれない。 IoTデヴァイス間の多くの通信は、インターネットではなくローカルネットワークを介して行われるからだ。しかも、IoTで使われるセンサーやサーモスタット、エコーシリンダーなどが送るデータの量は、Netflixにくらべれば微々たるものだ。

しかし、FCCの元委員長で、現在IoTソフトメーカーActilityの役員を務めるトム・ウィーラーは、たとえデヴァイスのデータの大半がローカルネットワークを介していたとしても、それらがインターネット経由の通信を少しでも必要とする限り、サーヴィスの干渉を受ける可能性があると指摘する。

たとえば、自分の工場のセキュリティーアラームが作動したときに、携帯でアラートを受け取りたいとしよう。そのためには、データがインターネット上を移動する必要がある。 しかも、数分や数時間かけてではなく、数秒または数ミリ秒でだ。「この待ち時間は非常に重要です。問題はサーヴィスがレヴェル分けされ、料金によって優先順位がつけられる可能性があることなのです」

“スマートアパートメント”企業Iotasの創業者兼CEOであるシェ・ピケも、ネット中立性の喪失が比較的少量のデータを動かしている企業にとっても大きな問題になる可能性があるという意見に同意している。「IoTデヴァイスのデータパケット量は少ないですが、その利用価値はリアルタイムでモニタリングと分析ができることにあります。もしそれらが制限されたら、IoTデヴァイスの価値がなくなってしまいます」と彼女は述べる。

IoTは、まだ始まったばかりである。IoT製品の多くはセキュリティに不備があるか、くだらないか、出来が悪い。あるはその3つすべてだ。しかし、IoTはわたしたちの世界をよりよくしようとしている。その競争の勝者と敗者はまだわからない。いずれにせよ対等な競争がなければ、さまざまなものが繋がった世界の真の可能性を見ることはないだろう。

1/2ページ

最終更新:7/11(火) 7:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc