ここから本文です

映画007の次回作に、ダニエル・クレイグとアデルが再び登場!?

7/11(火) 16:10配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ダニエル・クレイグが次回作でもジェームズ・ボンド役を演じ、アデルが主題歌を歌うことになりそうだと、イギリスの『Mirror』紙が報じた。
このニュースに驚く人も少なくなかったよう。なぜならクレイグはボンド役を再び演じることはないと強く語っていたからだ。2015年のインタビューで彼は、ボンド役をまたやるくらいなら「手首を切る」と言ったのは有名な話。「もしまたやるとしたら、それは金のためだね」と無情なコメントまでしていた。

【関連記事】歴代ボンドガール26名に見る美の系譜

クレイグの後を受け継いで、どのイギリス人俳優がボンド役を演じるのかというディベートが昨年、起こったくらいだ。イドリス・エルバやトム・ハーディー、トム・ヒドルストンなどの名前が最有力候補としてあがっていたが、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが次回作にもクレイグを確保したことで、どうやらあがっていた候補のうちの誰も007役を演じることはなさそうだ。

「クレイグとアデルのコンビは最強。究極の選択、金づるだ」と、匿名の製作関係者は語る。2人が関わった2012年の『007スカイフォール』は世界中で10億ドル以上の興収をあげた。
「時間はかかったが、ダニエルも機嫌を直して、ボンド製作陣にダニエル・クレイグが次も007役をやるという強いコンセンサスができあがった。アデルに関してはまだ不明な点が多いが、ボンド映画に関わることを喜んでいたので、前向きだ」とインサイダーは付け加える。

ダニエル・クレイグは『007カジノ・ロワイヤル』(2006年)、『007慰めの報酬』(2008年)、『007スカイフォール』(2012年)、『007スペクター』(2015年)でボンド役を演じた。アデルが歌ったオリジナル主題歌『スカイフォール』はグラミー賞(映像部門最優秀楽曲賞)、オスカー(最優秀歌曲賞)、ゴールデン・グローブ賞(主題歌賞)を受賞している。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。