ここから本文です

「欺こうとするのは1試合で3、4人」 Jリーグ史に残る名レフェリーの“誤審回避術”

7/11(火) 16:37配信

THE ANSWER

「日本にはミスを指摘し合う文化がない」…サッカーと判定を巡る果てしなき議論

「いつもレフェリーを欺こうとしているのは、せいぜい1試合で3、4人。それを早く見つけ出して気をつければいい」――レスリー・モットラム(元サッカー審判員)

【動画】直前に2度の“チラ見”…Jリーグ公式チャンネルが紹介した川崎F中村の“美しきノールックパス”

 ワールドカップ(W杯)や欧州選手権など数々のビッグゲームで笛を吹いてきたレスリー・モットラム氏は1996年に来日し、98年から4年連続でJリーグ最優秀主審賞に選ばれるなど、日本人レフェリーの指導にも尽力した。

 欧州ではリーグ戦開催当日の夜に、レフェリーの判定の是非を徹底して討論する番組がある。だが「まだ日本では私がその代わりを務める。それで十分」と話していた。

 ロンドン生まれで、幼少時にスコットランド郊外の小さな村に引っ越した。それはレフェリーという仕事を考えれば好都合だったという。

「例えばセルティックとレンジャーズの『グラスゴーダービー』の笛を吹く場合、もし現地に住んでいたら窓ガラスを割られたり、車を傷つけられたりする可能性がある。この試合の騒音は、他では経験できないレベルのものだ。私の笛は、副審には聞こえない。プレーが止まったのを見て、彼らは笛が鳴ったことを知る。友人のレフェリーは、ダービーの1週間前には家族を他の場所に避難させていた。その点、私は試合を終えたら自宅に帰れば、静かな生活を取り戻すことができた」

 こうした烈しい欧州事情に比べれば、日本のピッチは重圧が小さい。大きな重圧に慣れた欧州のレフェリーなら、いくら批判の嵐を浴びても「オーケー、次は修正するよ」と前向きになれるが、「日本には互いにミスを指摘し合う文化がない。だから私が個人的に話してきた」と述懐した。

VAR導入が話題のサッカー界…「たった1台のカメラが真実を映し出すことがある」

 昨年末のクラブW杯や先のコンフェデレーションズカップでは、「ビデオ・アシスタントレフェリー制度(VAR)」が導入され、話題になったが、モットラム氏はかつて、こんなことを言っていた。

「テレビ番組では、いろんな角度からのカメラを用意していて、そのうちたった1台のカメラが真実を映し出すことがある。でもレフェリーが前もって、このカメラと同じ角度のポジションを取るのは至難の業だ」

 そう言って、続けた。

「もし選手が本当にレフェリーの目を欺こうとしたら、それを見抜くのは不可能に近い。22人が騙そうとしたら、まず見抜けないだろう。でも幸い、いつもレフェリーを欺こうとしているのは、せいぜい1試合で3、4人だ。大半の選手たちはフェアな判定を望んでいる。だから、その3、4人を早く見つけて気をつければいい」

 もちろん、いつの時代にもミスジャッジはなくならない。しかし同氏は、確実に日本のレフェリーの向上を支えた。

「一般的に最初に来るのは選手の進歩。次が指導者だよ。協会は、まずそちらを育てることに資金を回すからね。レフェリーが一緒に成長できないのは仕方がないことなんだ」

◇加部究(かべ・きわむ)

 1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

加部究●文 text by Kiwamu Kabe

最終更新:7/11(火) 16:37
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。