ここから本文です

西武・多和田が今季初勝利、「89」つけ粘投。森コーチに捧ぐ

7/11(火) 13:20配信

ベースボールチャンネル

 埼玉西武ライオンズ・多和田真三郎投手が10日の千葉ロッテマリーンズ戦(メットライフドーム)に先発し、今季初勝利を挙げた。

MLB球宴、スタメン紹介。「選ばれし者」に”イチローバット”の主砲も<ナ・リーグ編>

 今季6度目の先発登板でようやく白星をつかんだ。「うれしかったですね。我慢強く投げられた」と安堵の表情を浮かべる。

 ロッテに先制を許して3点を先行されるも、味方が2点を返した直後の4回表と、同点に追いついた5回表を三者凡退で締めた。「点を取った後は一層集中して投げた」と振り返る。

 右肩の違和感から戦線離脱し、6月28日のロッテ戦で復帰した。しかし、勝つことはできなかった。その試合後に森慎二コーチの訃報を知らされた。

 下半身を意識した投球フォームは森コーチと磨いた。6回を投げ切り、多和田は復活の勝利を捧げることができた。

 西武はこの日から森コーチの背番号89のワッペンをつけた帽子をかぶって試合に臨んだ。辻監督は「新しくチームが一つになるきっかけを慎二が与えてくれた」と話す。

多和田は「前半戦はチームのためになにもできてないので、少しでも貢献できるようにしてきい」と巻き返しを誓った。


取材・文 山岸佳奈

ベースボールチャンネル編集部