ここから本文です

進化した「iPad Pro」は、「真のコンピューター」になる可能性を秘めている

7/11(火) 19:10配信

WIRED.jp

画面が10.5インチになった新しい「iPad Pro」。画面サイズが大きくなり、そしてより高速化されたことで、その使い心地はどう進化したのか。『WIRED』US版のレヴュー。

Siri対応スピーカーからプロ用iMacまで:アップル「WWDC」で発表された5つのハードウェア

アップルがiPadを改善すべきポイントは、いずれなくなる──。そう考えられてきた。プロセッサーはずいぶん前に、誰も必要としていないくらいに高速化した。画面のシャープさ、正確さ、反応のよさで勝るタブレットは見つからないだろう。バッテリーは1日ではなく、何日だってもつ。そうすると、ほかに何があるだろうか。確かにスピーカーはひどいが、それは物理的な空間に限界があるせいだ。

となると、新しく出た10.5インチの「iPad Pro」(649ドルから、日本では税別69,800円から)で興味をひくのは、アップルが目に見える改善をいくつ実施したかに尽きる。アップルも、iPadを買う人たちも、重さ1ポンド(約453グラム)ほどの9.7インチモデルは完璧なサイズだと考えていた。しかしアップルはその同じサイズに、より大きな画面を押し込んだのだ。

そのうえ誰も頼んではいなかったが、誰の目にも見える形で画面そのものを改善した。プロセッサーもアップグレードしたが、これはNetflixのためではなく、来たるべきAIとARの時代のためだ。

2016年のiPad Proを私は心底、気に入ったし、これまでで最高のタブレットだと思っていた。そして今回はどうかというと、さらによくなっている。改善点は革新的なものではなく、タブレットが数年ごとに買い換える必要はないところまでたどり着いたのは確かだろう。それでも、タブレットが必要になった人に、意味のある改善をした製品を常に提供するというのがアップルの計画のようだ。

高速化には意味があった

アップルが新しいiPad Proで実施したスペック向上は、重要だが目に見えないものから(馬鹿ばかしいほど速いチップは今回さらに高速化した)、微妙だが人目を集めるものまでたくさんある。

画面を見てみよう。iPadはすでに、キビキビとしていて明るい、反射がなく暗いところでも読みやすいパネルを搭載していたが、アップルはこれをさらによいものにした。

ここで画面のリフレッシュレートについてオタクっぽい話をさせてほしい。これはみんなが思っているより重要なポイントなのだ。

新しいiPad Proは、ディスプレイが120Hzで動くようになった。つまり、1秒間に120回、画面表示が切り替わるということだ。リフレッシュレートが高いと、それだけ見え方がスムーズになる。120Hzとなると、何もかもがスムーズに見える。ホーム画面をスワイプしても、ゲームをプレイしても、あるいは『WIRED』のページをスクロールしても、単に画面上のピクセルを叩いているのではなく、映し出されているものに実際に触れているような感じがする。

このハードウェア上の改善は、「Apple Pencil」にも恩恵がある。それを使って描く私の(お粗末な)お絵かきや、(慌ただしい)メモも、これまで以上に画面に“描いている”実感を感じられるのだ。これは画面が改良されたおかげであり、プロセッサーが次の動きを予測できるようになったおかげでもある。

手描きは一般的に同じ方向に傾くので、描いている線が終わりに近づくとペン先の動きが遅くなる傾向がある。アップルはこの“法則”によってユーザーの次の動きを推測し、間違ったらすぐに修正する。結果として、画面上でApple Pencilを使うのが、紙の上で鉛筆を使うのと驚くほど似た感覚になる。

画面サイズの10.5インチというのは、重要な数字だ。解像度が2224×1668ピクセルあるディスプレイは従来モデルと縦横比が同じなので、開発者はアプリを書き直さなくていい。そしてアプリの表示をソフトウェア処理で拡大しなくて済むので、ぼやけて表示されることもない。

さらにこのサイズだと、フルサイズのキーボードをディスプレイの横幅いっぱいに広げたり、外付けの機器を取り付けたりするのにぴったりのスペースがある。画面上のキーボードは以前よりうまく機能するようになったが、ランドスケープモードでガラスをタップするのは、個人的にはまだ変な感じがする。「Smart Keyboard」(あるいはロジクールなどから出ている同種のアクセサリー)を取り付ける方が好みだ。

ベゼル(画面の枠)が狭くなった点は、増えたピクセルに場所を譲ったことを除けば、最も意味の薄い変更の部類だろう。誤解しないでほしいが、見た目は素晴らしいし、画面サイズが大きくなったのは明確にわかる。しかし、だ。新しいiPad Proは、「えー、ベゼル?」という過去の形状と、「いいぞ、画面以外に何もない!」という、やがて実現する形状との中間にある。

その輝かしい日に向けたアップルの最新の取り組みに、マイナス面はまったくない。iPad Proをつかむ手のひらが指によるタッチと間違われることは一度もなかったし、手が汚れていることによる問題はまったく感じなかった。画面が広くなっただけ指紋が増えるのは確かだが、数分触るだけであきれるほど汚れるのは、どのiPadでも同じだろう。

1/2ページ

最終更新:7/11(火) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc