ここから本文です

球宴初選出の4年目右腕・二木が2回7失点KO。初の夢舞台を前に不安残す投球に

7/11(火) 19:17配信

ベースボールチャンネル

 千葉ロッテマリーンズの4年目右腕・二木康太投手は、11日に敵地・メットライフドームで行われている埼玉西武ライオンズ戦に先発登板。

井口資仁、7つの偉業。30本40盗塁に自由契約でMLB、そして…。球史に残る内野手の歴史

 チームトップの4勝をマークし、監督推薦で夢の球宴初出場を掴み取った若手右腕だったが、この日は強力西武打線を相手に滅多打ちにあってしまった。

 初回、二木は秋山を空振り三振、源田を一ゴロに打ち取る滑り出しを見せたが、二死から浅村に流し打ちで右翼スタンドに運ばれ、先制点を献上。

 そして、全体的に球が甘くなっている二木を、西武打線は見逃さなかった。2回、二木は無死から栗山・山川・外崎・炭谷に4連打を浴び2失点。その後、何とか二死までこぎつけたが、源田に適時打を浴びさらに1点を失うと、最後は浅村に2打席連続となるとどめの3点本塁打を浴び、この回6失点。

 二木は2回を44球で7安打、3奪三振、無四球、7失点という内容でKOとなった。

 なお、2番手・高野も西武打線の勢いを止められておらず、ロッテ投手陣は3回ですでに2桁失点を喫してしまっている。

ベースボールチャンネル編集部