ここから本文です

ヤクルト、ドラ2ルーキーが7回2失点も完封負けで9連敗…。巨人・菅野が7回無失点9勝目

7/11(火) 20:28配信

ベースボールチャンネル

〇巨人2-0ヤクルト●(東京ドーム)

 投打のかみ合った巨人が接戦を制し、連勝を飾った。

野茂の快挙にイチロー”伝説の一打”。MLB球宴、日本人選手の名場面5選

 この日の先発は巨人が菅野、ヤクルトがドラ2ルーキー・星。8連敗中のヤクルトに難敵が立ちはだかったが、ルーキーは巨人のエース相手に堂々たる投球を見せた。

 2回、星は無死満塁のピンチを背負うも中井・小林・菅野を三者連続三振に仕留めるなど気迫十分のピッチング。4回にも無死満塁のピンチを背負ったが、中井の犠飛による1失点のみに抑えた。6回、星は坂本に本塁打を浴び、2点目を失ったが、ルーキーはしっかりと7回まで投げ抜き、7回を95球で4安打、3奪三振、3四死球、2失点という好投を見せ、味方の援護を待った。

 しかし、打線が菅野を攻略できず好投のルーキーを見殺しにしてしまった。

 菅野は安定した投球でヤクルト打線に全くつけ入る隙を見せず、得点圏に走者を進ませたのは初回のみ。安打を浴びても連打は許さず、制球力抜群の投球で圧巻の投球を見せた。

 菅野は7回を106球で5安打、8奪三振、無四球無失点の快投を見せ降板。そして、8回は西村が無失点に抑えると、9回はカミネロが無失点に抑え完封リレー。味方が奪った2点のリードを守り切り、菅野はハーラートップの9勝目、カミネロは18セーブ目を手にした。

 敗れたヤクルトは7回2失点と好投したルーキーを援護できず、これで1引き分けを挟み9連敗。明日は安定感抜群の助っ人・ブキャナンと0勝7敗の宮國が対戦するが、果たして2桁連敗を免れることはできるだろうか。

ベースボールチャンネル編集部