ここから本文です

楽天、激戦制し球宴前首位ターン!ソフトバンクは勝利の方程式崩しが裏目に

7/11(火) 21:57配信

ベースボールチャンネル

〇楽天5-4ソフトバンク●(ヤフオクドーム)

 楽天が終盤に逆転で激戦を制し、3連勝で球宴前の首位ターンを確定させた。

井口資仁、7つの偉業。30本40盗塁に自由契約でMLB、そして…。球史に残る内野手の歴史

 この日の先発は、楽天が則本でソフトバンクが育成出身・石川。序盤は、ソフトバンクが試合の主導権を握っていた。

 則本は序盤から立ち上がりを攻められ、初回に内川の適時打で1点を失う。2回には一死1塁から上林に流し打ちで左翼スタンドに運ばれ2失点、3回も無死満塁のピンチを背負い、中村晃の犠飛で1失点と、序盤で4点を失ってしまった。

 打線も石川の前に、6回にペゲーロがソロ本塁打を放つまで無失点と攻めあぐねていたが、7回にソフトバンクのミスにつけ込み、得点を奪うことに成功する。

 7回、ソフトバンクは勝ち継投の森を投入。その森から先頭の三好が二塁打で出塁したが、嶋が投ゴロに倒れ、三好は走塁死で一死1塁に。ここで、ソフトバンクは左打者の島内・ペゲーロに対して嘉弥真を投入したが、ここで左打者2人が意地を見せた。

 島内は四球で出塁しチャンスを広げると、ペゲーロの一塁への当たりが内川の悪送球を誘発する適時内野安打となり、1点を返した。その後、ソフトバンクはウィーラーのところで五十嵐を登板させたが、五十嵐は2球を投じたところで足に異常を訴え負傷降板。8回を担う岩嵜が緊急登板したが、ウィーラーは集中力を切らさず、レフトへ同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 そして、9回にはサファテを攻略。先頭の島内が死球・一死から岡島が四球を選びチャンスを作ると、二死から銀次がライトへ適時打を放ち、遂に逆転に成功した。

 則本は6回4失点という内容で降板したが、高梨・福山が1回ずつを無失点に抑え追加点を許さない。そして、9回に1点のリードを奪ってからは守護神・松井裕が登板。松井も一打同点、一発が出ればサヨナラのピンチを招いたが、最後は代打・今宮を三ゴロに打ち取り試合を締めた。

 敗れたソフトバンクは、7回に勝利の方程式を崩したことが完全に裏目と出てしまい、序盤に奪ったリードを守り切れず球宴前2位ターンが決まった。

ベースボールチャンネル編集部