ここから本文です

ルカクのマンU移籍が正式決定! モウリーニョも「自然に馴染む」と期待

7/11(火) 11:03配信

SOCCER DIGEST Web

古巣チェルシーへの復帰が有力視されていたが…。

 現地時間7月10日、マンチェスター・Uはベルギー代表FWのロメル・ルカクと契約を結んだことを発表した。8日にはエバートンとの移籍合意がリリースされていたが、メディカルチェックと本人との契約を経て正式決定した。
 
 契約は2022年6月までの5年(1年のオプション付き)。移籍金は非公表だが、『BBC』は7500万ポンド(約105億円)+ボーナス1500万ポンド(約21億円)と報じている。
 
 現在24歳のルカクは、アンデルレヒトで2009年に弱冠16歳でプロデビュー。チェルシー、WBA、エバートンを渡り歩き、16-17シーズンはプレミアリーグで25ゴールを挙げる活躍を見せた。
 
 今夏はビッグクラブへの再挑戦が確定的と見られ、新天地は古巣チェルシーが最有力と伝えられていたが、マンチェスター・Uが争奪戦を制する形となった。高額の移籍金に加えて、代理人が昨夏にズラタン・イブラヒモビッチ、ヘンリク・ムヒタリアン、そしてルカクの親友でもあるポール・ポグバを送り込んだミーノ・ライオラであること、エバートンにFWウェイン・ルーニーを移籍金ゼロで譲渡したことなどが決め手となった。
 
 膝の大怪我もあり今夏に退団したイブラヒモビッチから背番号9を受け継ぐというルカクは、公式サイトでこうコメントしている。
 
「まず、素晴らしい4シーズンを過ごせたことを、エバートンとファンに感謝したい。大事な友人もでき、素晴らしい瞬間を共有してきた。でも、マンチェスター・Uとジョゼ・モウリーニョ監督が連絡をくれれば、それは人生で一度しかない機会だ。断ることなどできなかった。オールド・トラッフォードで7万5000人のファンの前で走るのが待ちきれない」
 
 また、チェルシー時代以来の共闘となるモウリーニョ監督の次のように語っている。
 
「ロメルはマンチェスター・ユナイテッドに自然にフィットするはずだ。彼は素晴らしいパーソナリティーの持ち主で、優れた選手。世界最大のクラブでキャリアを展開したいと考えるのは自然なことだ。ロメルの加入は大きい。チーム全員が彼を歓迎してくれるだろう。再び一緒に仕事をするのが楽しみでならない」
 
 ルカクは10日からマンチェスター・Uのロサンゼルス・キャンプに合流し、すでに新天地でのトレーニングをスタートさせている。
 

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:7/11(火) 13:12
SOCCER DIGEST Web