ここから本文です

SNSの裏アカ、メールの履歴…あなたの死後に残されたデータの処理どうする?

7/11(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 スマートフォンやパソコンには、持ち主のプライバシーが詰まっている。恥ずかしい画像や文書、SNSの裏アカウント、メールの履歴。もしあなたが死んだら、秘密のデータが遺族や友人の目に晒されてしまうかもしれない。そうなる前にデータを消せるとしたら、あなたは削除を頼むだろうか……。

本多孝好

ほんだ・たかよし●1971年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。94年「眠りの海」で小説推理新人賞受賞。99年、受賞作を収録した『MISSING』で高い評価を得る。『MOMENT』『WILL』『at Home』『ストレイヤーズ・クロニクル』『魔術師の視線』『君の隣に』『Good old boys』など著書多数。
 

 本多孝好さんの新作『dele ディーリー』は、そんな「死後の記録(データ)」をめぐる連作ミステリー。坂上圭司と真柴祐太郎、ふたりが請け負うのは、死後誰にも見られたくないデータを依頼人に代わってデジタルデバイスから削除する仕事。依頼人のスマートフォンやパソコンが起動しないまま一定期間が経過すると、所長である圭司のノートPCに信号が届く。車椅子の圭司に代わって所員の祐太郎が依頼人の死亡を確認したのち、圭司がデータを削除すれば任務完了だ。

 こうした“デジタル遺品”をめぐるサービスやソフトは、現実にも存在する。それだけ死後に残されたデータの処理は、我々にとって切実な問題になっていると言えるだろう。

「文章、写真、メールのやりとりなど、私たちは日常的にデータを残しています。そのため、どんどんきれいに死ねなくなっていると感じています。自分の死後を考えても、残したいデータはあまり思い浮かびませんが、残したくないものはたくさんあります。私は作家という職業柄、自分の履歴を小説という形で残しています。作品に転化できなかった文章も、のちのち何かに使えるかもしれないので残しておきますが、それは誰にも見せたくありません。私が死んだ後、この文章はどうなるんだろうという思いは常に抱いていました。また、最近は『Googleフォト』のように、スマートフォンで撮影した画像を自動的にアップロードするサービスも普及しています。こまめに画像を整理する人もいますが、撮ったら撮りっぱなしでそのまま残しておく人も多いでしょう。それらを5年、10年経ってから見返すと、自分でも『なんでこんなものを撮ったんだろう』と不思議に思うはずです。本人にもよくわからないものも含めて、自分のデータとして残ってしまう。このまま私が死んだら、残された記録から自分のあずかり知らないストーリーを作られてしまうかもしれない。記録の量があまりに多すぎて、記憶を塗りつぶしてしまうのではないかと思うと、恐怖とは言わないまでも違和感を覚えます。それを小説に書いてみたいと思いました」

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!

Yahoo!ニュースからのお知らせ