ここから本文です

一度に使い切る! お酒がススむ、東西の”薬味”を効かせた型破りな絶品おつまみ【作ってみた】

7/11(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 あらゆる料理の味をキュッと引き締め、あるときは風味豊かに、またあるときはピリッとさせてくれる名脇役の薬味。これから暑くなる季節、たまりませんね! そこでおススメなのが、『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(ツレヅレハナコ/PHP研究所)。

“寝ても覚めても、美味しい料理とお酒のことばかりを考えている”という著者のツイッターやインスタグラムは今や大人気! 本書では、そんな著者がたっぷりの薬味を主役級に使って、ド定番のおつまみから、旅先で感激した味を再現するなど95品のレシピを紹介している。

 がしかし、日本では薬味に対して「割高感」「シャレた料理すぎる」「使い切れずに余る」などの理由から、食卓にのる機会が少ないように感じている、と著者はいう。そんなイメージを払拭すべく、バサッと加え、切らずに丸ごと、一度に使い切る! といった大胆な工夫がレシピに反映されている。

 また和食にバジル、洋食にミョウガを使うなどボーダレスな楽しみ方を提案し、新しい味の発見がいっぱいの1冊といえる。その中から実際に3品を作ってみた。

1. カンタン! ヘルシー!! ネバネバ納豆が美しくまとまる“バジルと納豆”(P.25)

 バジルを手でちぎる。納豆に醤油、オリーブ油を混ぜて、器にごはん、納豆、バジル、卵黄をのせれば完成。

 納豆のネバネバがオリーブ油と黄身により、クリーミーな泡となり、ふわふわして美味しい! そこにシソとこしょうを合わせたようなバジルの風味が加わることで、納豆の臭みがなくなり全体が上品にまとまっている。これまで納豆といったら、「ネギ、からし、醤油で決まり!」と思っていたが、この新しいテイストはクセになりそうな予感! 写真ではごはんと一緒になっているが、ごはん抜きのおつまみとして海苔でくるんだり、オン・クラッカーでも実に美味しかった。

2. ウイスキーがススむ! 香ばしい“栃尾揚げ(とちおあげ)のみそチーズみょうが焼き”(P.57)

 栃尾揚げ(油揚げ、または厚揚げ)に、酒を混ぜた味噌を塗り、魚焼きグリルかトースターで少し焼き目がついたら取り出し、ピザ用チーズをのせ溶けるまで再度焼く。最後に小口切りしたみょうがをのせれば、できあがり。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい