ここから本文です

600psを誇るジャガー史上最速の「XE SV Project 8」がデビュー!

7/11(火) 14:33配信

clicccar

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」において、ジャガーが「XE SV Project 8」を世界デビューさせました。

【この記事に関連する別の画像を見る】



600psというジャガー史上最強のパワーを誇るだけでなく、最も敏捷だという「XE SV Project 8」は、「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」がすべてを手掛けるコレクターズ・エディションの第2弾。なお、第1弾は「F Type Project 7」。



デザインからエンジニアリング、組み立てまで「SVO」が手がけ、チューニングも施されることでパフォーマンスを極限まで高めたモデルです。

5.0LのV8スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力600ps、最大トルク700Nm、最高速度は200mph、0-60mph加速は3.3秒といったスーパーカーに匹敵するスペックを実現していて、世界販売台数はわずか300台限定。



なお、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」では、「XE SV Project 8」のほかにも、新型「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」、XFのスポーツワゴンである「XF SPORTBRAKE」、現在フォーミュラE選手権に参戦中のマシン「I-TYPE」や、2018年に市販モデルの発表を予定しているジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACEコンセプト」も展示されました。






(塚田勝弘)

最終更新:7/11(火) 14:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)