ここから本文です

早稲田大学で避妊具無料配布イベント 「草食化」ってホント?

7/12(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 7月10日、早稲田大学にてコンドーム無料配布イベントが行われた。主催は同大学の「イベント企画サークルqoon(クーン)」。イベントは、まずはコンドーム使用の重要性のレクチャーを行い、来場者はHIV/AIDS、STI(性感染症)の予防としてのコンドームの重要性のレクチャーを受け、続いて「コンドームユーザー宣言」を行った。

 これは、コンドームの重要性を理解した上で、性行為の際コンドームを使う! という熱い思いを付箋に書き、イベント会場のボードに貼り付けるのである。そのうえで、付箋にメッセージを書いた人は、所定の時間の間、コンドームを好きなだけ袋に詰めることができるというもの。さらには、アフターケアとして、公益財団法人エイズ予防財団、ジェクス株式会社発行の啓発冊子を手渡しし、HIV/AIDSに対する正しい知識を提供した。以下、当日のレポートである。

 イベント開始時刻前から何人かの男子学生が「コンドームもらえるってよ(笑)」「コンドーム袋詰めって(笑)」などと言いながら開始待ちの列を作り始めていた。いざ開始の時刻となると、たちまち学生たちが行列を作り始めた。行列は昼休み(12:10~13:00)の間、途切れることなく伸び続け、用意していた配布数を上回る恐れが出てきたため、途中行列の打ち切りをする必要が出てきたほどだった。50分の間にコンドームをもらいに来た学生は203人、配布したコンドームは1000個を超えた。

「草食系男子が増えている」「若者のセックス離れ」などと言われて久しいが、本当にそうだろうか? 来場者たちを見ていると必ずしもそうとは言えないだろう。コンドームをもらうためだけに行列を作っていた200人以上の学生は実に多様だった。見るからにイケてるパリピ(パーティピーポー)風の学生や、大人しそうな見た目の男子二人組、「童貞で彼女がいないから使用機会がない」とおどけて見せる男子学生、「需要が凄いから」などと意味不明な見栄を張る男子学生などなど。

1/2ページ