ここから本文です

【日本ハム】全力で栗山監督の「俺が悪い」を忖度してみる

7/12(水) 17:00配信

文春オンライン

「ユウキ対決」で見せた栗山監督の渋面

 オールスターブレイク直前のオリックス戦(13回戦)である。オリックス先発が西勇輝、ハムが斎藤佑樹の「ユウキ対決」などと見出しがついたりしたが、あんまりそんなのほほんとした気持ちになれなかった。

 前夜は0対11の大敗である。山崎福也に初完封勝利を献上してしまった。山崎福也とは何年もなじみなので、つい最後のほうは応援するような感じになっていたが、自分でも何で敵の初完投初完封を願っているのかよくわからない。まぁ、ヤケクソってやつだなぁ。いっそ完封してくれ、おらおら~という気になることがある。

「ユウキ対決」はあんまり対決にも何にもなってなかった。斎藤佑樹、今季ワーストの4回8失点(11被安打)KOである。正直、4位は遠いと思った。オリックスとは投手陣も打線もかなり差がある。おかしいなぁ、去年の日本一チームなんだけどなぁ。

 印象に残ったのは2回裏が終わったときの栗山英樹監督の顔である。その回、斎藤は草野球なみの失態を演じ、ボロボロだった。スコアは0対1、先頭のマレーロこそ三振に切り取ったが、そこからT-岡田、小島脩平に連打を浴び、1死一、三塁のピンチをつくる。続く若月健矢の打球が当たり損ねの投ゴロになった。ラッキーと思った刹那、斎藤がホームに悪送球してしまう。三塁走者が生還して2点目献上。気落ちしたところを今度は駿太に2点三塁打。頭が真っ白になったと見えて、更に大城滉二の一ゴロのベースカバーを怠った。ため息が出た。あっという間に0対4。その直後の栗山監督の顔だ。

「渋面」というのはああいう顔だろう。ショックの色がありありと浮かんでる。何か考えてる風でもあるが、具体的には斎藤続投だ。つまり、打つ手なし。ちょっと声がかけられないというか、余人の立ち入れない表情だった。

 もし、そのダグアウトの「渋面」の図にタイトルをつけるとすれば『俺が悪い』じゃないかと思う。栗山監督は選手をかばって何でも「俺が悪い」「俺のせい」「こっちの責任」とコメントするので知られているが、実際には思いやりとか優しさとか、そんな生やさしい話ではないと踏んでいる。栗山さんには「すぐ涙ぐむ感激屋」の奥がある。たぶんすごくドライで、強烈な内面だ。「渋面」は頭もぐるぐる、感情もぐるぐるとぐろを巻いてる図だった。

1/3ページ

最終更新:7/12(水) 17:06
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。