ここから本文です

「経歴はカンペキ」だけど面接官が採らない人

7/12(水) 15:15配信

日経BizGate

「能力・実績を全面的にアピール」が裏目に

 中途採用選考で、書類選考を高い評価でクリアしたにもかかわらず、面接で不採用になるケースはよくあることです。その主な理由には「社風が合わない」「会社が目指す方向性と本人の志向が一致しない」「給与など条件面が折り合わない」などが挙げられますが、中には応募者にとって思いがけない理由で不採用の判断が下されることも。少し意識して対策を準備しておくだけでそのリスクを下げられることも多いので、ぜひ次のような事例を参考にしてください。

 本人が意識しないうちに失敗する「不採用」のパターンとして、「自己アピールが裏目に出る」ということがあります。面接では、自分のキャリアや能力を最大限プレゼンしようとしがち。「こんな経験を積みました」「こんなスキルを身に付けました」というアピールに終始する人が少なくありません。

 リクルートエグゼクティブエージェントで数々のエグゼクティブの転職支援をしてきたコンサルタント・森本千賀子氏に、面接時のリスクを聞きました。

 「面接の自己PRで、過去の経験・実績を語ることに集中するあまり、『なぜこの会社に入りたいのか』『この会社で何がしたいのか』『この会社で働くことで、自分はどうなりたいのか』という目的意識が抜け落ちている人が意外と多いのです。

 企業側としては、もちろんこれまでの経験を生かしてほしいものの、成長意欲があり『伸びしろ』を感じさせる人を求めています。実際、選考現場で『即戦力となる経験を持つ人』と『経験は浅いが向上心が高い人』とが比較され、後者が選ばれることもよくあります。『過去の実績』という経験値だけでなく『今後のビジョン』を語れるようにしておくことが大切です。

 一方で、『優れた能力と実績』をアピールしすぎると、企業側にかえって不安を抱かせることもあります。『うちの会社では物足りなくて、すぐに辞めてしまうのでは』と思われるのです。

 あるいは、チームワークを重視する会社であれば、『上司よりも優秀だと、マネジメントがしづらいのではないか』『他の社員とギャップがありすぎて浮くのではないか』『ある意味、オーバースペックではないか』といった懸念も抱かれるでしょう。

 こうした事態を防ぐには、自分の能力を何でもかんでもアピールしようとするのではなく、相手企業の『ニーズ』を意識してつかむことが大切です。企業サイトに記されているメッセージや今後のビジョンなどから、今回の採用背景、自分に期待される役割などを想像し、それらが自分のキャリアのどの部分と重なるのかを見極めてください。その部分にフォーカスして語るようにするとよいでしょう」(森本氏)。

1/2ページ

最終更新:7/12(水) 15:15
日経BizGate

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経BizGate

日本経済新聞社

・ビジネスで直面する課題を解決!
・人事・組織からマーケティング、ITまで
・専門家の知見や洞察に富んだコラム満載
・マネジメント層の情報ニーズに応えます